岡崎市の家具職人 杉田木工所|ニッチな場所にも収納製作 オーダーメイドや家具のリメイクもお任せください


2022年11月24日 21:45  カテゴリ:セミナー

インボイスの着地点。と思われる「ペポルインボイス・デジタルインボイス」。ここまで出来るお店・事業所、いったい何社を想定?

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


何はともあれ、昨日の

ワールドカップ 日本vsドイツの試合

勝ちました。

昨日の杉田木工所Boo-logの中で

「歴史的勝利」と書かせて頂きましたが

ほんとになるとは思ってもいませんでした。

応援された国民のみなさま、お疲れさまでした。

まだまだ、強敵国が続きますので

引き続き、みなさまで、サムライたちを

応援していきましょう。

がんばれ。日本。

====================================

お話をガラッと替えますが

先日、岡崎市六ツ美商工会さんの

商業部会・工業部会さんと

岡崎法人会六ツ美支部さんの

合同税務セミナーに参加してまいりました。

お題は「インボイス制度」。

これまで、幾度もセミナーに参加してきましたので

大体の制度内容は把握したつもりであります。

それでも、今回、はじめてお聞きした

税務行政サービスの名称がありました。


ペポルインボイス(デジタルインボイス)

「Peppol(ペポル)」は、電子文書をネットワークで

やり取りするための国際的な標準仕様だそうです。

欧州、シンガポール、オーストラリアなどの

30カ国以上で利用が進んでいるそうです。


日本では、日本のペポル管理局である
      (Japan Peppol Authority)
デジタル庁が、わが国における電子インボイスの

標準仕様(JP PINT)を策定しているそうです。



ペポルは、インボイスをあたかもメールのように

相手先に送ることができ、

また相手先もメールのように

受信できる仕組みだそうです。

メールの送信元と受信側がそれぞれどのような

メールソフトを使っていてもメールのやり取りが可能

なように、メールの送信元と受信側が

それぞれどのような

会計・販売管理ソフトを使っていても、

お互いにインボイスのやり取りが可能となります。

デジタルデータをデジタルデータのまま相手に

渡すことができ、お互いのシステムがあたかも

連携しているように動くようになります。


紙のやり取りが一切なくなる仕組みです。





なのだそうですけど、

何か言いたいのかと申しますと

インボイス請求書をPDFファイルをメールで送信する

インボイス請求書をPDFファイルで受信する。

家具屋 杉田が思っていたインボイス制度と

リンクした電子帳簿保存法の最終着地点は

それだと思っていました。

でも、違うみたいなんですね。

デジタル庁が目指しているインボイス制度の

最終着地点は。


すべてのお店・事業所に会計・販売管理ソフトを

導入して

ペポルインボイスサービスで電子ファイルを

やり取りする。


これが、お上が目指す、インボイス制度の

最終着地点みたいです。

こんなの全員は絶対無理です。

あと2~3年の間にペポルインボイスを導入する

という内容で、この日の講師の税理士先生も

ペポルインボイスを紹介したわけではないと

思いますが、どうでしょう、10年後には

ペポルインボイスが標準にしたいとお上は

考えているのでしょうか。


ここまで、数回、インボイス制度と

電子帳簿保存法について家具屋 杉田は

勉強して参りましたが、

商売をしているひと、全員に求めているデジタル化の

ハードル、高すぎます。

この日の講師を務められた税理士先生も


「あと1年のあいだに

 パソコンを練習して覚えましょう」と

お話を聞いている我々受講者に向かって

言うのですから、パソコンを習得するのは、

自営業者さんはもう絶対なんですよ。


そんなの無理ですよ。


大義名分は、先進国の中でも

日本のデジタル化が上位に来ること。

消費税を8㌫と10㌫に分けたために

インボイス制度がかならずいる事。

行政機関は、自分たちの仕事が「楽」になる。

から、インボイス制度を進めているわけですよ。


いきなり、全員にパソコンを覚えてください。

なんて、無理に決まっています。

自分のお仕事ができるけど、

書類のデジタル化に対応出来ないという

理由で、廃業される自営業者さんが

かならず出てきますよ。

世代交代の意味も含めて、行政機関は

インボイス制度と電子帳簿等保存法を

導入しようとしているのだろうか。

8㌫と10㌫が出来るんだったら

もっと細かくインボイス出来るね。

というのも、行政機関が目指す将来の姿。

3㌫・5㌫・8㌫・10㌫。

そして、もっと高い消費税を導入する

つもりですよ。


パソコンと会計・販売管理ソフトがないと

自営業は出来なくなる。


そんな強い危機感を感じながら

この日のセミナーを聞いてきました。


少し延期するとは思います。

インボイス制度と電子帳簿等保存法。

2023年の10月の時点で、岸田さんは

内閣総理大臣で立っているのだろうか。

違う総理大臣でも、このふたつの政策と法律は

突き進むのか、それとも、緩和措置が

導入されるのだろうか。


いろいろな事を思い描きながら

粛々と時を重ねて参ります。

平成元年に日本にはじめて

導入された消費税。

そのときに匹敵するぐらい

厄介で難解な法律と政策が導入されます。


それでも、進むしか「道」はないみたいです。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]









  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年11月16日 22:16  カテゴリ:セミナー

次のターニングポイントは、税額控除期間6年間。お取引先様はこの間になにかを判断します。インボイス制度。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


今日は、杉田木工所に

事務機器やデジタル機器でお世話になっている

富士フィルムビジネス
イノベーションジャパンさん主催の

電子帳簿保存法とインボイス制度のセミナーに

行ってきました。

6回目ぐらいでしょうか。

インボイス制度と電子帳簿等保存法に

ついての勉強会。

もうかなり、家具屋 杉田としましては、このふたつの

制度と法律について理解を深めたと思いますが

いろいろな違った角度から見ると

また違う考えや見え方があると思うので、

あらゆる団体組織のセミナーに参加しております。


2時間ほど、ふたつの制度と法律について

教わったのですが、2時間とも、参加者の方が

満席でして、後ろに、席のみの追加席を設けるほどの

参加者さんの多さで、びっくりいたしました。

どこの会社様ももうタイムリミットな感じなのだと

思います。

セミナーMCの方が、インボイスの登録番号を

取得された方はおられますか。

と、みなさんに聞いていましたが

半数の方が挙手をされて、かなり

ふたつの制度と法律について浸透が進んでいると

感じた次第であります。


セミナーMCの方々も富士フィルムBIJの

社員さん達なのですが

現場で肌感覚で現状を感じ取った方々で

セミナーMCをされていると思われる感じで

とても、おっしゃっている言葉に説得力と

納得感を感じ取れる内容でありました。


もう、ふたつの制度と法律について

知らない。や、わからない。では済まない

レベルに到達していると思いました。


セミナー終了後に

ふたつの制度と法律を便利に、簡単に

導入と使い勝手のしやすさをアピールする

いろいろなソフトウェアや

ハードウェアの会社さんたちと

それぞれの機器を見せてもらいながら

今後の方向性について説明を受けた次第です。

中でも、クラウド系会計ソフトさんのサービス内容は

家具屋 杉田の想像を超える、スピードと処理精度で

過去に例のないと思えるほど

便利に経理が完成する内容で、

人工知能の日進月歩の進み具合に感服いたしました。

ほんとに凄いです。ひとが計算する部分は

無くなります。

紙にもしなくて、確定申告もしなくて、

という税務の世界が

もうそこまで来ています。驚きました。


ただ、とても費用もかかります。

100万円以上掛かる

ソフトウェアやハードウェアもあります。

政府が用意している

「IT導入補助金」の案内もありました。

今回のふたつの制度と法律の導入を機に

「IT導入補助金」を使って有効に設備投資をしようと

考えておられ方は、

来年の1月19日までに手続きをした方が

良いそうです。

いつもお世話になっている事務機器の会社さんや

経理指導を受けている機関、金融機関さんなどに

お問い合わせをされることをお勧めいたします。




セミナー終了後に帰りの電車のなかで

思いましたのは、次に来る

「ターニングポイント」は、

インボイス制度の開始から

6年間実施される「税額控除期間」に

お取引先会社さんがなんらかの判断を

される。そんな気がいたしました。


例えば、とある会社さん同士が

長いお付き合いで、2023年10月からの

インボイス制度に協力会社さんが参加しないとしても

施行後の6年間は、元請会社さんが協力会社さんの

消費税をご負担してくれるとします。ご厚意で。

でも、施行後の6年が終われば、果たして

関係性は続くのでしょうか。


施行後、6年後のタイミングで

また波乱を含んでいるように思います。


先週から今週にかけて

電子帳簿保存法は、2025年01月からの開始と

いう事を家具屋 杉田は聞いております。

電子帳簿保存法は1年延期です。

インボイス制度は2023年10月開始に変更はありません。


決まってしまって制度と法律。

着々と進む準備期間。

自営業者の方は早く

対応した方が良さそうです。

ギリギリでは、人手が足りませんので、

期限に間に合わなくなります。高い確率で。


インボイス制度と電子帳簿保存法について

今日、また感じたことを書いてみました。

あと1回は、セミナーに参加してこようと思っています。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]











  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年11月10日 22:12  カテゴリ:セミナー

「インボイス制度対策説明会」の開始前にインボイス登録センターから再申請の要請。たまらんです。縦割りの弊害

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


本日、岡崎市六ツ美商工会さん主催の

「インボイス制度対策説明会
 インボイス制度と記帳方法について」

というセミナーに参加して参りました。

10:00開始だったので

9:30頃に六ツ美商工会さんに着いたのですが

1本の電話が...。

名古屋国税局インボイス登録センターからでした。


10月に岡崎税務署に提出した

「適格請求書発行事業者の登録申請書」に

「登録要件の確認」という欄があるのですが

いろいろ詳細を書きますと面倒なことになりますので

おおまかに書きますが、

□はいと▢いいえと設問があるのですが

この設問がほとんど「いいえ」にチェックを入れて

申請したのですが、すべて逆です。と言われました。

はい。にチェックをしないと

いけなかったのだそうです。


それで、書き直した書類を作成して

再提出してください。と言われました。

そして、その30分後に、六ツ美商工会さん主催の

セミナーの中で、

「適格請求書発行事業者の登録申請書」についての

説明があり、すべて はい。に

チェックをしてください。と

指導が...。

こんな事ってあるのでしょうか。

顧問税理士の先生から説明を受ける30分前に

名古屋国税局 インボイス登録センターから

書類の再提出の連絡があったあと

顧問税理士の先生から説明を受ける。なんて。

凄い偶然ですね。びっくりしました。


セミナー終了後に、

国税庁のサイトから書類をダウンロードしまして

謝った箇所を修正後、岡崎税務署へ。



セミナー終了後に

顧問税理士の先生から、簡易課税制度より

本則課税制度を選択した方が良いです。と

言われましたので、簡易課税制度の取下げをする
(杉田木工所の場合ですよ。)
ために、やり方がわからなかったので

とりあえず、

適格請求書発行事業者の登録申請書_再提出書類

を申請して、簡易課税制度の取下げ書類をもらって

一旦帰所後にもう一回岡崎税務署に足を運ぼうと

内容を説明して、取下げ申請の書類をもらおうと

思ったら、書式は決まっていないそうで。

岡崎税務署の職員さんが大体の文面を

教えてくださり、杉田木工所で清書して提出。

↓提出した取下げ書類。


こんな簡単な書類で良いとは。

とてもとても驚いた次第でありました。


インボイス登録業者の番号が

事業所に無事に頂きますと、

国税庁が運営している

国税庁 適格請求書発行事業者好評サイト

事業者が公表されるそうなのですが

「適格請求書発行事業者の
 公表事項の公表(変更)申出書」

を提出して屋号を登録するそうで

旧姓や本名を出されては困る方も

この書類で申請するのだそうです。



提出をしないと、

例えばですが

杉田木工所の場合

「杉田光正 T◯◯◯◯◯.........」と

言う表記になるそうで、

番号を検索した方が、何の事業所なのか

わからない。感じになりますので、

「適格請求書発行事業者の
 公表事項の公表(変更)申出書」

を提出して、杉田木工所を表記させるのだそうです。


とりあえず、修正してください。と

言われました書類はすべて提出いたしました。

ひと安心であります。

前回の提出から1ヶ月以上経過しまして

何の番号も来ないものですから、

「時間がかかるのかなぁ」と思っておりましたら

間違っていたみたいで。失礼いたしました。


しかし、すぐに書類の設問を読んで

 はい。を選択するのは難しいと

思われる文章だと思います。

税務書類ってなんでこんな難しいのでしょうか。

素人には難しいであります。


顧問の税理士先生にも言われましたが

インボイス制度に登録する、しないは

あくまで「任意」ですので

ご自分の環境がインボイスに登録していないと

なにかと困る方は、登録した方が良いと思います。


というか、あくまで家具屋 杉田の個人的見解ですが

インボイス制度がまったく関係ない方の方が

少ないと思います。

必ず、何かがインボイスに関わってくるはずです。

顧問税理士の先生のクライアントさんで

インボイス制度がまったく関係ない方は

たったおひとりだそうです。

その方は、獣医さんだそうです。

顧問税理士の先生のクライアントさんで

もうすでに、インボイス登録業者にならないと

2023年10月以降お仕事がなくなるよ。

と言われた方が3名。

これは、ほんとは、法律に引っ掛かる事案ですが

まぁ、仕方が無いと思います。


これから、インボイス登録業者になろうと

お考えの方は、早めに、出来れば

2022年の年内に済ませた方が良いです。

確定申告のタイミングでいっしょに申請しようと

お考えの方は、考えを直された方が良いです。

おそらく、確定申告のタイミングには

インボイス登録希望のひとが殺到して

大混乱の中、手続きをすることになります。

うまく出来ない可能性もあり得ます。

お早めに

インボイス登録事業者に希望される方は

年内をお勧めします。


以上、インボイス登録ドタバタ記

杉田木工所編をお送りいたしました。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]









  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年11月07日 21:43  カテゴリ:セミナー

アイカ工業さんの"ミラノサローネ2022"報告会で発表された新商品。2023年1月発売を一部ご紹介。岡崎市の杉田木工所

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


先日アイカ工業名古屋ショールームで

開催された"ミラノサローネ報告会"で

ミラノサローネとは、別に発表された

アイカ工業さんの新製品を一部

ご紹介したいと思います。







化粧板で扉を製作いたしますと

上下横の厚み面に扉巾と

同じ巾のメラミン化粧板を貼って仕上げるわけですが

メラミンの厚み0.95㍉の木口部分がどうしても

出てしまいます。

そこが残念。というお声が多いそうで

アイカ工業さんが、独自開発した

扉木口面見付材が新登場いたします。

巾は19.6㍉で、厚みは忘れてしまいましたが

かなり薄いそうです。

しかしながら、木口面用メラミン材としては

販売せずに、「扉」として完成形になってアイカ工業さんの

工場から出荷されるそうです。

ですので、受注・発注は扉のまま19.6㍉厚みで

サイズを指定して発注することになります。

とりあえず、人気のあるメラミン化粧板の10種類で

発売されまして、受注が多いようでしたら

柄の種類を増えしていく計画だそうです。







ワイヤレスでスマホやタブレットなどの

デジタル機器がカウンターテーブルの上の一部に

置くだけで充電が出来る機能のついた

カウンターテーブルを発売されるそうです。


ヨーロッパの方では、ワイヤレスで

テーブルの上に家電を置いて

充電後に好きなところで使用する。という

家電の使い方がもう実用化されているそうで

いずれ日本もそうなるという事で、

とりあえずは、スマホやタブレットなどを

置くだけで充電出来るという機能を付けた

カウンターテーブルを発売されるそうです。

発売は、2023年01月~03月以降だそうです。

下の洗面カウンターは、トイレ用洗面カウンター

でして、ボウル・腰壁・カウンター天板を

すべて同柄でまとめ上げる

アイカ工業さんの強みのひとつであります

「関係部材同柄製品でまとめました」の

ご紹介です。

住環境設備の部材をすべて同柄で

合わせられるメーカーさんは

数あるメーカーさんの中でも

アイカ工業さんだけだと思います。

家具材のみではなく、水廻り部材も

同柄で手掛けてしまおうというコンセプトに

なります。

実際に施工する場合は、水道設備屋さんと

杉田木工所とのコラボレーションになりますので

ご興味のある方は、杉田木工所まで

ご連絡頂ければと思います。

これも来年2023年1月に発売だそうです。





アイカ工業さんも

現代のトレンドのご多分に漏れず

SDGsにも力をいれておられます。

なんの説明だったか、

ちょっと忘れてしまいました。

すみません。














さいごは

来年に新発売される

メラミン化粧板たちのご紹介になります。

テーブルに平置きされているのが

アイカ工業さん側でご用意されている

化粧板サンプルサイズの新作メラミン化粧板です。


和紙のような少しかすれ罹った感じのメラミンも

ありますし、上から白から青や赤の

色へと1枚の化粧板の中で

グラデーションになっているメラミン化粧板も

あります。が、1枚全体を活かした家具に

使わないと、グラデーションが表現

出来ませんので、上だけ使うや下だけ使うとかを

拒否したメラミン化粧板となっております。


その下は、1階のメラミン化粧板の

見本をペラペラとめくるように

お客様に見せられるように展示がしてあると

いうところをお見せしたくて写真を

載せた次第であります。

このように、メラミン化粧板の半分サイズの

大きさで、展示してありますので

本物の質感を確認したい場合は、

ショールームに足を運ばれる事を

お勧めいたします。


時間が許せば、家具屋 杉田も

お付き合いいたしますので

ご興味があれば、杉田木工所まで

ご連絡いただければと思います。 



ご覧いただきました

新製品たちは、すべて2023年になりませんと

発売されませんので

家具に使い方は、今しばらくお待ち頂ければと

思います。


来年もミラノサローネ報告会に参加出来る

時間がとれましたら

来年のトレンドをご紹介と

考えております。

忙しいとちょっと、無理にはなってしまうのですけど

その場合は、ご了承頂きたいと思います。


以上、ミラノサローネ報告会と

アイカ工業2023年新作コレクションの

ご紹介でありました。




【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]












  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年11月04日 21:37  カテゴリ:セミナー

アイカ工業さんの"ミラノサローネ2022"報告会 第4弾。キッチン&水廻り編。岡崎市のオーダーメイド家具屋 杉田木工所

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


↓写真を大きく見たい方は、こちらをクリックしてください。
%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8D_2022_40.pdf (PDF: 862.7KB)




イタリアのミラノという街で

毎年6月ごろに開催される"ミラノサローネ"という

家具の見本市のアイカ工業さん報告会

第4弾。

"キッチン&水廻り"のご紹介となります。



「大胆なマテリアルミックス」。

パッと言われましても、よくわからない

表現だと思いますが

いろいろな素材を混ぜ合わせて

キッチン廻りや水廻りの

住宅設備にコーディネートしようという

コンセプトだと思います。


タモ材のような木目の柄に

石目柄を合わせる。そんな提案ですね。

ブラック系木目柄に乳白色マーブル柄の

人工大理石ですかね、を合わせた写真になります。




キッチンカウンターの上部

吊戸棚の扉に貼り合わせてある化粧材

石のような鉄のような模様ですね。

アイカ工業さんでも2023年01月に

同系色のセラールセレントと連動型のメラミン化粧板が

発売されます。

発売されましたら、また詳しく

ご紹介できればと思っております。



「曲線形状のキッチンとリブデザイン」

という事で、R形状と我々家具屋は

表現いたしますが、こんなキッチンカウンターが

流行るのかもしれません。

実用性が製作者側の意見としては

疑問符がつきますけどねぇ。


リブデザインという

大昔、このような柄が流行りましたが

再来という事になるのでしょうか。

キッチンの表面にこのような柄が

流行るのかも知れません。




「アートオブジェクトのような大胆な柄」

石目柄が流行るのでしょうか。

凄い柄でキッチンカウンターが構成されております。

どうなんですかねぇ。

家具屋 杉田は、毎日この柄を見ながら

お皿洗いをするのは

ちょっと抵抗がありますけど。

好みですからねぇ。デザインは。

間接照明は今風で良いと思います。

杉田木工所でも、間接照明を取り付けた

オーダーメイド家具を製作して納品

しております。



このミラノサローネ報告会シリーズの

中で、一貫してお伝えしておりますが

あくまで展示用家具たちと言う事。

服飾で言いますと、「オートクチュール」になります。

「プレタポルテ」ではございません。

なので、少し大袈裟に見せております。

ご了承頂きたいと思います。

いちばん右の洗面カウンターは

2023年03月に発売予定の

アイカ洗面カウンター
(カラーボウル仕様)になります。

アイカ工業さんは、家具の本体・扉

カウンター・ボウル部をすべて同柄で

デザインしまして、販売するというコンセプトが

とても得意のメーカーさんでして、この洗面カウンターも

同柄で揃えています。

カウンターとボウル部分が繋ぎ目がほぼ無い

シームレスタイプで、とてもカッコ良いと思います。


「洗練されたこだわりのデザイン」

という事で、木目に近いような石目柄のデザインが

展示されています。

カウンターの表面には、リブデザインという

大柄の凸凹した素材が貼れています。

この木目に近いような石目柄のデザインで

販売されていますメラミン化粧板が


アイカ工業 Jc-10276k

「ソリッドな構造とエレガントなエッジデザイン」

無地の柄も無い表面にエンボス加工は

してあるかもしれませんが、

全体にモノトーンで、角に全然違う素材を

取り付けてあります。


もう一つの家具は、普段は真ん中の

蓋を閉めてフラットな家具に見せるのですが

いざ、蓋を取ってみると中に家電製品が鎮座するという

家具です。

取っ手もハンドルも付かなくて

フラットな家具。

今風であります。


ザっとですが

ミラノサローネ報告会2022での

"家具のトレンドのご紹介でありました。


予想ですからね。

流行るも流行らないもお客様次第ですから。

最終的には。

誰かに依って仕掛けられた家具のトレンドです。

おもしろいと思われたものが

ございましたでしょうか。

一言で言いますと「派手」な模様や

素材を使う家具が多く紹介されました。


みなさまの暮らしの中で

杉田木工所Boo-logでご紹介した

お色やデザインが目にされることを

願う次第です。


それぞれ、発売された後に

もう少し詳しくご紹介をしたいと

思っております。


ご興味のあったものがありましたら

杉田木工所までご連絡頂ければと

存じます。


明日は、杉田木工所noteにて

「社会ネタ」を書く予定です。


【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]











  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年11月02日 21:54  カテゴリ:セミナー

アイカ工業さんの"ミラノサローネ2022"報告会 第3弾。家具のトレンド編。岡崎市のオーダーメイド家具屋 杉田木工所

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


↓写真を大きく見たい方は、こちらをクリックしてください。
%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8D_2022_24.pdf (PDF: 1165.22KB)






イタリアのミラノという街で

毎年6月ごろに開催される"ミラノサローネ"という

家具の見本市のアイカ工業さん報告会

第3弾。

"家具のトレンド"のご紹介となります。

「柔らかく丸みのある家具が、

   空間を流れるようにつなげる。」

というコンセプトらしいですけど

ちょっと言葉で説明するのは難しいです。

家具屋 杉田にはいたって普通に見えます。



全体的にソファーのメイン色として流行りそうな

お色が

アイカ工業さん Tjy-10281K

暖色も流行るのではないかと

アイカ工業さん Jcw15010k(2023年1月発売予定)

そして、緑色が流行ると言っておられますので

アイカ工業さん Tjw15011K(2023年1月発売予定)

という事らしいです。

Jcw15010kTjw15011Kに関しましては

2023年1月に新発売されるメラミン化粧板

でして、名古屋ショールームの方では

現物が確認頂けます。

杉田木工所にもご連絡いただければ

サンプルは取り寄せられます。



「素材を変えて再構築された家具、

  レトロなモチーフが新鮮な印象」

なのだそうです。

ゼブラ柄とトレンドのお色。そして花柄。

割と大柄な模様が流行るのかも知れません。


ゼブラ系のメラミン化粧板ですと

アイカ工業さん +wonder w-3232

アイカ工業さん +wonder w-3116

花柄系のメラミン化粧板ですと

アイカ工業さん +wonder w-3085

アイカ工業さん +wonder w-3004

このようなラインナップが揃っております。

昔からのアイカ工業さんメラミンを

知る者のひとりとしましては

凄い柄の化粧板が出来る様になったものだと

感心されられます。



これは、みなさまご存知の

"カッシーナ・イクスシー"の家具たちです。

"家具界のフェラーリ"と言っても良いと思います。

価格やデザイン。日本の固定概念を

はるかに超えてゆきます。

お好きな方で、家具に何百万出しても

惜しくない。と思われる方用になります。








メーカー名は家具屋 杉田は

あまり知らないのですが

きっと有名なメーカーなのでしょう。

花柄と切り込みの入った柄。

パターンホワイトと呼ばれる

砂の模様みたいなデザインと言うのでしょうか。


これもアイカ工業さんで

ご用意があるみたいで

アイカ工業さん Lj-10217k

アイカ工業さん Lj-10290k

が流行りのデザインを用いた

アイカ工業さんのメラミン化粧板です。

白いので、webカタログでは

よくわからないかもしれません。




最後は

「シナリオに基づいた空間展示」

という事で、見て感じてください。

てな、感じですかねぇ。


以上が、2023年の

"家具のトレンド"と呼ばれる

デザインやお色たちのご紹介でした。


ミラノに見に行って必ず、見てきたお色は

生産するみたいです。

家具屋 杉田もつい最近まで

知らなかった事柄であります。


毎回、お伝えしておる事なのですが

展示用のある意味「誇張」された

物まねで言いますと

ハリウッドザコシショウ。みたいな

ちょっとやり過ぎな展示物たちなので

実際にそのまま、おうちに置いてみると

落ち着かなかったりするかもしれませんし

このような「意気込みと感性」と言いますと

またかっこ良すぎますけど

イメージととらえて頂ければよいかと

思います。


次回は、

「キッチン&水廻り」のトレンドを

ご紹介しようと思います。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]










  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年10月31日 22:04  カテゴリ:セミナー

アイカ工業さんの"ミラノサローネ2022"報告会 第2弾。マテリアル(素材)とフィニッシング(加工)編。杉田木工所

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


イタリアのミラノという街で

毎年6月ごろに開催される"ミラノサローネ"という

家具の見本市のアイカ工業さん報告会

第2弾。

マテリアルという"素材"と

フィニッシングという"加工"という

ふたつの要素についての来年の

トレンドのご紹介となります。







金属を使用した装飾に

なりますが、ゴールドからシルバーという

変化が見受けられるそうです。


ガラス素材を使用したパーティションや

テーブルや机といった家具類も

見受けられるそうです。

服やクルマでもそうですが

家具もご多分に漏れず、

展示品は、クローズアップされた素材を

やや大袈裟に見せるように作られておりますので

実際にみなさまの目に入るような

家具たちは、その一部にシルバーや

ガラス素材が入っている程度のモノが

多くなるように思います。






家具屋 杉田としましては、

個人的にとても面白く、魅力的な

素材と考えています「人工大理石」。

この「人工大理石」にも

透光性が高い、ミルクのような柔らかい印象を

演出する白系大理石が流行るみたいです。

アイカ工業さんでご用意している

白系大理石柄のメラミン化粧板が以下になります。

Lj-10286K
Lj-802k
+wonder W-3195

セラールにはなりますが
CEN10242ZN

などがご用意出来ます。





なかなか個人の住宅の中では

使いにくい柄なのかもしれませんが

石柄のトレンドになります。

大胆な天然石や、石目を模したプリント

などが流行りそうな感じだそうです。







家具屋 杉田がこのお仕事についてから

ずっと好きな木目柄であります

ブラックの木目柄も今年は流行りの傾向に

あるそうです。

無地の黒色で家具を製作しますと

ご使用後に、埃が溜まって来るのが

目立つようになりまして家具屋 杉田

個人としては、あまりお勧めできないのですが

この木目の黒色につきましては

「黒」という存在感と木目にする事で

埃が目立たなくなるという仕様が

とても良い質感と落ち着きを醸し出しまして

ほんとにお勧めであります。

あとは、木目でも切削やエンボス加工

パッチワーク柄で装飾することも

流行りそうだと言う事みたいです。






ストライプ状のリブデザインという

模様も流行りそうだと言う事みたいです。

25年程前に

アイカアールという凸凹した

表面材が発売されまして、一時期

建築の腰壁や家具の垂直面に

採用する設計士の先生方が

結構おられまして、とても流行ったのを

憶えております。

また、流行るんでしょうかねぇ。





ヘリンボーンと呼ばれる

への字の連続したような模様が

流行りそうだと言う事みたいです。

木・タイル・石のアクセントだそうです。




お花とかの自然を纏った

デザインもありまして

花柄が流行るのかも知れません。





ずっとコロナ禍でありましたので

ヨーロッパから遠い国、「日本」の

古く良き文化に憧れがあるようで

枯山水、ゴザ、金継ぎ、白木、畳風

などの日本の文化を取り入れたデザインも

見受けられたそうです。


1980年代に流行ったものたちの

デザインもあったそうで

ヨーロッパにも「温故知新」という考えが

あるのでありましょうか。



以上が、2023年に流行りそうな

"素材と加工"たちであります。


最後は、お客様が好まれるかどうかですので

ご紹介しているモノたちは

あくまで、予想と提案でありますので

トレンド柄や色彩はご用意してますが

当たるかどうかはわかりません。


次回は、「家具のトレンド」を

ご紹介したいと思います。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]










  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年10月28日 22:22  カテゴリ:セミナー

来年のトレンドカラーはヴィンテージグリーン。アイカ工業さんの"ミラノサローネ2022"報告会に行ってきました。杉田木工所

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。




イタリアのミラノという街で

毎年6月ごろに開催される"ミラノサローネ"という

家具の見本市があります。

開催実績を見て頂ければわかりますが

世界中から26万人の来場者をかぞえて

出展企業が1,575社。

SNSでも情報発信をしまして480万のページビューを

叩きだしました。


以前、アイカ工業さんのスタッフの方に

聞いた内容で憶えているのは

とにかく広い事。東京ドーム10個分と

お聞きしました。





この"ミラノサローネ"と呼ばれる家具見本市が

世界中の「家具」の流行り、"トレンドを

作りだしている拠点基地とされています。


毎年、アイカ工業さんから選抜された

スタッフメンバーが5人ぐらいでイタリア・ミラノまで

視察に出掛けるのだそうですが
(なんとも羨ましい)

今年は、パンデミックの影響で

現地の代理視察団にお願いして

資料を送って頂いたのだそうです。


家具屋 杉田も時間の許す限り

毎年参加しております。

コロナの影響で、3年ぶりに開催されるとあって

とても華やかに見えました。

「CMF」呼ばれる3つの要素

C……COLOR(色)
M……MATERIAL(素材)
F ……FINISH(加工方法)

などが発表されたという事で

一部でありますが、ご紹介をしたいと思います。



来年は、パステルカラーよりも少し濃い

vintage Green・ヴィンテージ グリーンが

流行りだそうです。

流行りだと言っても、家具を購入されるのは

最終的には、お客様になりますので

お客様に響かない事には本物になりませんので

そのあたりは現場班の責任ですね。


写真の一番左は、高級家具メーカーとして

日本でその名を轟かせてます

"カッシーナ・イクスシー"

真ん中の上写真が、エルメスになります。

あとのふたつは、家具屋 杉田も

良く知りません。きっと有名なメーカーだと思います。



"ミラノサローネ"は、家具トレンドの世界発信基地

という事で、アイカ工業さんの化粧板で

「トレンドカラー」化粧板のご紹介と

なります。

いちばん左が⊕ワンダーシリーズから

W-3174。

真ん中の4枚は、グリーンの薄い色からの

グラデーションといったところでしょうか。

いちばん右は、2023年の01月発売予定の

新作メラミン化粧板 JCW1503Kになります。

淡い緑色で木目の綺麗な化粧板です。

来年発売されましたら、またご紹介したいと

思います。




ヴィンテージ グリーンほどでは

ないのかもしれませんが

イエロー&ブルーという配色の

展示もあったそうで、流行るのでしょうか。

いちばん左はエルメスです。




家具に使用するお色でいちばん

使われて、いちばん好まれる白色。

その白は白でもテクスチャーと呼ばれる

模様の付いた白色や

オフホワイトと呼ばれる少しアイボリーぽいのですかねぇ

ウィキペディアによりますと

「白に近いが白でない」という意味があり、

他の白系の色の多くと同様に

「真っ白」(純白)とは異なり、

純白に少しだけ灰色や黄色が混ざった

色のことを指すのだそうです。




テクスチャーを取り入れた

アイカ工業さんの白色系の商材を

ご紹介しますと

いちばん右はKj-6200KS89

真ん中は、家具とは離れますが

ジョリパットのイタリア―ト。

いちばん右は

コーリアンと呼ばれる人工大理石の

フィオレストーン HK-GR02

マーブル柄の人工大理石らしい

お色と質感を醸し出す商材です。




グレイ グラデーションと呼ばれる

石目柄です。

注目としては

右下の洗面化粧台でしょうか。

天板の上にボウルを載せて

オープンにモノを置くスペースと

格納する収納スペースとの融合。

下は、スチール製の脚が取り付く。といった

デザインがここに発表されています。



上品さや高級感を引き出す

デリケートなグラデーションということで

アイカ工業さんでご用意されている

トレンド化粧板になります。

2023年01月発売の新作Lj-10331k

新素材メラミンタイルという床材BTM10248

K-6301KN
K-6302KN
K-6303KN
K-6300KN

と言ったラインナップが

来年のトレンドになります。

↓大きく見たい方は、こちらをクリック。
%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8D_2022_02-2.pdf (PDF: 818.79KB)


以上、CMFトレンドのカラー部門の

ご紹介にでした。


次回は、CMFトレンドのマテリアル&フィニッシング

と呼ばれる部門のご紹介をしたいと思います。



杉田木工所では、新作のメラミン化粧板の

サンプルのお取り寄せや

ご希望とあらば

アイカ工業さんのの名古屋ショールームへの

誘いを行っております。

先日、改装工事が終わったばかりの

名古屋ショールームです。

インテリアのご参考までに行ってみたいと

思われた方は

杉田木工所までご連絡を

お願いいたします。

時間がありましたら、付き添いはいたします。

日曜日はショールーム、お休みとなりますので

一般の方はと土曜日をお勧めいたします。

よろしかったら

杉田木工所LINE公式アカウントまで

お願いいたします。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]












  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年10月06日 22:27  カテゴリ:セミナー

すべての事業者に関わる改正。改正電子帳簿保存法。~これからの経理がどう変わるか~に参加してきました。岡崎市の杉田木工所

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。





イータックスで申請する場合
マイナンバーカードのデータ更新後は
必ず、マイナンバーカードの電子証明も
更新してください。


【これまでにセミナー参加で分かったこと】

●申請した適格請求書発行業者は、すぐには無理かもしれせんが
 登録を取り下げることは出来る。

●小規模の事業所でも会計ソフトを導入する事は必至。

●表向きの大義名分は、消費税の納税の格差是正。
 裏の一丁目一番地は、各事業所のコード化と
 自動仕分けによる経理作業の軽減。


未だに、不明な点があります

「インボイス制度」。

「電子帳簿等保存法」。


今日も岡崎商工会議所さんで開催された

セミナーに参加してきました。

もういい加減、新制度のセミナー参加は

終わりにしたいものであります。


電子帳簿等保存法のセミナーだったのですが

家具屋 杉田が感じた限りでは

インボイスも少し電子帳簿等保存法に関係する

ように聞こえましたので、講師の先生も

全体2時間の30分ほど、インボイス制度について

お話をされました。


電子帳簿等保存法は、所得税・法人税に関する

法律。

インボイスは、消費税に関する法律。

そもそもの区分けとしては、別々の法律と制度になります。



今日のセミナーの中で

いちばん家具屋 杉田の気持ちに「ストン !」と

落ちたのは、出来ますれば、すべての事業所・お店に

クラウド系でも、従来系でも良いので、会計ソフトを

導入してもらいたいと言う事。

そして、導入してもらった会計ソフトに自動で、適格請求書発行業者の

登録番号を会計ソフトに落とし込む。

落とし込んだ各事業所・お店の登録番号を会計ソフト内で

コード番号化。

あとは、自動でソフト内で仕分けをAI(人工知能)にやってもらう。

これが、政府と2年前に発足したデジタル庁の目的。

であることが、今日のセミナーの説明で理解出来たと思います。



あとは、違う角度からインボイス制度について

教えてもらったなぁ。と思ったのが、

適格請求書発行業者への登録の事ばかり、

税務関係者からは聞こえてきますが、

とりあえず、適格請求書発行業者に登録して

すぐには無理かもしれませんが

登録を取り下げる。又はやめる。ことも出来ます。

会計ソフトを導入しますと、おそらくすべての会計ソフトが

国税庁で記録公開される「インボイス制度登録業者」の

リストと番号が公開されて、会計ソフトと公開される

「インボイス制度登録業者」のサイトが紐づけされます。

何が出来るかと申しますと、

送信されてきた適格請求書に記載してある登録番号は

実際に国税庁に登録してある番号で本物であること。

登録番号の登録業者は事業を継続して行っている事。

この2点が会計ソフトから確認出来るようになります。


誤魔化しや騙しは一切出来ないという事になります。


表面は、デジタル化なのですよ。

実際に経理の処理スピードは速くなるでしょうし、

扱いも楽になります。慣れてしまえば。

講師の先生も、もう20年近く前になるとおもいますが

イータックスがはじまった頃、

まだ、手書きの確定申告が主流で、

税理士の先生方がお客様をまわってまとめて税務署に

提出。確定申告書の控に印鑑を押してもらって

お客様のもとへ届ける。終了後に達成感と心地良い

満足感に浸る。そんな感じだったそうです。

イータックスでは、入力に手間取り、お客様の顔も分からず

達成感の無いまま、確定申告は終了。


ところがです。今では、手書きで確定申告書を書いて

お客様回りや直接税務署に申告書を提出する方が

面倒になったそうです。


今日の講師の先生によりますと

3年から5年もすれば、今、バタバタしている

大騒ぎしている「インボイス制度」や

「電子帳簿等保存法」も当たり前の世の中になると言う事。

みんなが慣れてくるという事です。

そうなれば、今、課題というか問題になっている事も

普通になるとおっしゃてました。


とりあえず、全部の事業所さん、お店屋さんは

すべて適格請求書発行業者に登録した方が良いと思います。

1年間の商取引の中で、まったく会社間取引は無いですか。

1年に1件でも会社との取引があれば、ご自身の

お店や事業所でその会社との取引で発生した消費税。

お客様である会社さんが負担することになります。

それは、不味くありませんか。

良くお考え下さい。

登録しない事業所やお店屋さんは、会計ソフトに

出てこないわけで、仕分けが面倒になるのかも知れません。

うちは関係ないと思っている方、

お知り合いの税理士先生とお話されることをお勧めします。



政府は、今後もかなりのIT補助金を出し続けると思います。

申請して、会計ソフトを導入しましょう。

たぶん、全社、全店でなにかしらの会計ソフトを導入しないと

日常の経理処理や確定申告が面倒なままです。

デジタル庁と組んだ国税庁のITレベルに置いていかれます。

お金を払ってでも、わかる方に経理処理のデジタル化に

入ってもらって、時代に付いていきましょう。

頑張るしかありません。


一旦登録して、取り下げるといった事も出来ると申しました。

たしかに出来ます。単純に手続きとして。

でも、廃業するならともかく、登録を取り下げれば

よほどの理由がないかぎり、お仕事量は減ると思います。

なにか、登録したままでは不都合があれば仕方ありませんが。

今日感じた事はこんな感じです。


かなりの方に関係のある制度と法律です。

他人事ではありません。


義務ではないので、任意なので、と言われてしまいます。

必ず。

最終的にどうするかは、それぞれのご判断になりますが

家具屋 杉田は、とにかく登録されることをお勧めします。

登録しなければ商売が小さくなります。

インボイス制度や電子帳簿等保存法を

ポジティブに考えて、むしろ登録が

プラスである。事業所やお店の価値の向上になると

考えましょう。


2023年の3月31日までに

もう1回か2回は、新制度や新法律について

お話を聞いて来ようと考えております。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]









  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年09月09日 22:22  カテゴリ:セミナー

電子帳簿等保存法に救世主か。マネーフォワードボックス。慣れると、とても便利かもです。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


某金融機関さんのセミナーに参加してきました。

もう施行されている「電子帳簿保存法」と

2023年の10月から施行開始の「インボイス制度」に

ついてのセミナーでありました。


ネットに上げるなと言われてきましたので、

この記事もアウトかもしれませんが、この程度に

しておきますので、ご勘弁をお願いいたします。


内容については、書きませんが

セミナー終了後に、クラウド系経理ソフトの

国内最大手のひとつであられます「マネーフォワード」さんが

協賛でお越しになってて、自社のサービスを宣伝しながら

来年に備えましょう。とのスタンスで登壇後に

名刺交換をさせて頂いたので、

その内容を書きたいと思います。


経理ソフトは、もう10年以上前から

国税局さんや税務署さんとの連携を計りながら

いくつかの会社さんが存在していまして

杉田木工所がお世話になっている岡崎市六ツ美商工会さんも

弥生会計を導入されて現在に至っております。



最近は、スマホアプリから

クラウド系経理ソフトを

手掛けるようになった

会社さんを導入する

事業所さんが

めちゃめちゃたくさん

増えてきました。

その会社さんのひとつに

「マネーフォワード」さんがあります。


その「マネーフォワード」さんが提供しているサービスに

「マネーフォワードボックス」というサービスがあるそうです。

家具屋 杉田も昨日はじめてそのサービスを知ったところで

「何、それ。」という感じだったのですが

お話を伺ってみたりして、帰ってから自分で

ダウンロードして少し使ってみましたが、まだ道半ば。という

完成度な感じですけど、この先、いろいろとアップデートを

重ねていくうちに、電子帳簿保存法を苦手としている人たちや

そんなに電子化に困ってない人たちをより「楽」にさせる

サービスなのかもしれないと確信いたしました。



電子帳簿保存法の

取り扱いに

お困りの事業所さんや

家具屋 杉田と同じく

個人事業主の方で

お困りの方は、

一度、ダウンロードされてみてはと思います。

毎度お馴染みの、お役所さんが制度をはじめて

納税者から苦情が出まくると、内容のルールを少し

緩和するという姑息な制度変更が、2023年までに

まだいくつも起こると思いますが、その中のひとつに

電子で送られてきた書類を電子で保存する

ルールなのですが電子帳簿保存法では。

フォルダを作成して、4つか5つの属性を入力する

というルールを家具屋 杉田は、昨日までそう思っていたのですが

いつのまにか、ルール変更があったそうで

属性は、「日付・取引先会社・金額」のこの3つだけに

なったそうで、家具屋 杉田、昨日まで全く知りませんでした。


「マネーフォワードボックス」というサービスは

使い方の詳細は、YouTubeで見て頂ければ

より詳しく説明されていますので、そちらにお任せしますが

書類をドロップ&ドラックして、、「日付・取引先会社・金額」を

順番に入力して完了すると自動的に「タイムスタンプ」という

ある時刻にその電子データが存在していたことと、

それ以降改ざんされていないことを証明する技術。

という家具屋 杉田も未だ理解出来ていない記録が

自動的に付くみたいです。

この「タイムスタンプ」がどの場合だと要らなくて

どの場合だと要るのかがよくわかりません。

またわかり次第、杉田木工所Boo-log内でお知らせしようとは

考えていますが、まだ不明です。


とりあえず、今月もう書類が杉田木工所に上がっている

会社さんの書類を5枚ほど、ドロップ&ドラックしてみました。



【マネーフォワードボックスの利点】

◯無料で使える。

◯電子で受領したデータを制限なく保管可能

◯検索要件に対応



協賛でお越しになっていた「マネーフォワード」さんの

社員さんですが、まだ若そうでしたが、関西支社の支社長さんだったので

えらい人だと思います。その方が言っていたので

間違いないと思いますが、

無料で使えるのは、期間限定になるかもとおっしゃてました。

他社のクラウド系経理ソフト会社さんでも

同じサービスを展開されてますが、有料です。

「検索要件に対応」として

「取引先名」「日付」「金額」などの

情報を合わせて保存し、検索出来るのですが

OCRにも対応予定だそうで、

スキャナーで取り込んで、キーワードだけ抜いて

保存ということになるのでしょうか。

そんなことも近い将来出来るようになると

おっしゃっておられました。


これからは、パソコンが使えるか、パソコン操作を

誰かに頼まないと、個人事業主も出来ない時代になります。

ただ、最初だけです。使い慣れてしまえば

あとは、めっちゃ「楽」になると思います。


この間、娘が商業系の高校に行っているので

来年、選択授業で情報処理をとろうかなと言っていたので

父として、「やめなさい。」と言ったところです。

例えば、

1日の売り上げを全部、PayPayさんでお客様が支払ったとします。

1日終了後、PayPayさんがすべての売り上げを記録して

1日の合計も計算してくれます。そのデータを今度は

自分か、外部委託している税理士の先生の「マネーフォワード」に

データを送信します。税理士先生の「マネーフォワード」内で

仕訳や確定申告向けの書類は自動で作成されます。

どの部分を人が行うのでしょうか。もはやAI(人口知能)は

ここまで出来上がりました。

娘には、国際ビジネス学とかを選択したらと勧めました。

どうするかは彼女が決めることですが。


とても便利なサービスが世の中には

どんどん登場してくるみたいです。

インボイスは、年間の売り上げ金額や

会社規模とかを基準ではなく、

取引先との関係性に基準を置いて

それを利用した事。

この仕組みを考えた人は、ほんとに頭が良いと

セミナーを主催された某金融機関のMCさんは

そうおっしゃっていました。


もう待った無しです。

いろいろな労働組合組織から

インボイス反対との声明が明らかになったり、

少しではありますが、その数は広がりを見せています。

あと1年の間に、何が起きるのでしょうか。

猶予期間がまた作られて、制度の延長があるのでしょうか。

政府・国税庁は、押し切るのでしょうか。

現状、決まっているのは電子帳簿保存法は

2024年01月に完全施行。

インボイス制度は、2023年10月に施行。

時間、間に合うの。と家具屋 杉田は思いますが

そこに向けて関係各所は動いております。


杉田木工所も遅れを取ることなく

社会に付いていこうと思っております。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected].auone-net.jp
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]











  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)