岡崎市の家具職人 杉田木工所|ニッチな場所にも収納製作 オーダーメイドや家具のリメイクもお任せください


2023年01月18日 22:12  カテゴリ:新聞社

木材先物下落、ウッドショック前水準に 米住宅需要減。良い方向へ向かう事を祈る。岡崎市のオーダーメイド家具屋 杉田木工所

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。










     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


本日は

「note」というサイトで記事を書きました。

もし、よろしかったら覗いてみてください。
↓      ↓        ↓
木材先物下落、ウッドショック前水準に 
米住宅需要減。良い方向へ向かう事を祈りたいと思います。
岡崎市のオーダーメイド家具屋 杉田木工所


====================================

今日は、杉田木工所noteに

木材相場の事について書いてみました。

願望と祈りと

市場の論理を織り交ぜています。

物価高が急に起こり

戸惑っている方々が多いのは

事実だと思います。

安倍政権でも果たせなかった

個人消費の伸びが

今後、起こると良いなぁとほんとに思っています。

景気、良くなれ。

そんな想いで書いてみました。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]








  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年10月07日 22:42  カテゴリ:新聞社

OPECプラス日量200万バレルの大幅減産へ。秋以降の物価・エネルギー価格はどうなるのか。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。





石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの

主要産油国でつくるOPECプラスが、

2022年11月から日量200万バレルの大幅減産に踏み切る

ことで合意されました。

プラザ合意の頃に近づいております円安も

歴史的な通貨価値となる中

いったんは落ち着きつつあった原油価格も

再び上昇しはじめました。

めちゃめちゃ高い価格帯で推移しております

ガソリンを含めた物価のさらなる値上がりも

予想されるそうで、家計を圧迫する恐れが

強まっている感じです。



ニューヨーク原油先物相場は、2022年10月05日

2022年09月中旬以来の1バレル=88ドル台に上昇。

06月に120ドル台を付けて以降は

一時70ドル台まで低下していました。

ドル建ての原油価格は09月にウクライナ危機前の

水準にを割り込む一方、日本の原油輸入価格は

高止まりが続いています。

中東産ドバイ原油の円建て価格は

09月後半で1㍑当たり80円程度で

ウクライナ危機前の01月後半と比べて

3割程度高かった。

円が対ドルで2割超下落したためです。

今後は、円安と減産の影響が重なり

ガソリン価格などが急騰する可能性があると思います。

日本政府は、レギュラーガソリンを1㍑当たり

168円前後に抑えるため燃料補助金を導入していますが

補助上限を超えて値上がりすれば

企業には打撃となります。

石油は輸送業界に加えて素材メーカーや

農業でも使われ、値上がりは幅広い

商品の価格上昇につながります。

10月に6,000品超の飲食料品が値上げ。

家計の負担は増すばかりであります。

一方で、企業間の取引価格を示す

国内企業物価指数(速報)は08月に

前年同月比9.0㌫上昇し、18ヶ月連続で

前年を上回った。

十分に価格転嫁できなければ、

企業収益の下押し要因となります。

食品大手の担当者は

「原油高で輸送コスト増に

 つながれば、収益圧迫は避けられない」

と語ったそうです。

※中日新聞さんの記事より。

====================================

困ったもんです。

ここまで、かなりのモノの値段を上げまくって来ました。

まだ正式に発表されておりませんが、今年の年末から

来年の初めにかけて、ベニヤ合板の

値上げが予定されております。

どこまで行くのですかねぇ。値上げは。ほんとに。

予想以上の物価高騰であります。

家具屋 杉田も、ここまで値上げが来るとは

思ってなかったです。

知り合いの証券会社のひとは、1ドル=180円を

今後予想していると、言っているひともいますし

原油が値上がって、1ドル=180円に突入した暁には

とんでもない物価になります。計算上。

米国の大統領をはじめ、西側諸国は

OPECプラスに対して、原油価格の横ばいか、値下げを

お願いしていたはずです。ちょっと米国大統領は

相手にされていない感じです。


持つのか、岸田さんをはじめとした政府は。

この事態に、どう対応するのでしょうか。


資源の無い国は、この話になると、ほんとに不利です。

OPECにロシアを加えているのは、今となっては間違いだった

と思います。


安過ぎず、高過ぎず。今売れる最高値で

世界販売。これがOPECの狙いです。

石油で食べていける期間はあと10年です。

ほんとに世界中のクルマが電気動力に置き換われば。

家具屋 杉田はまゆつばだと思ってます。

でも、あと10年は、1バレル=100ドル以上で推移するのは

間違いないと思っています。

米国も自国で取れる石油をもっと世界に供給して

くれればと思ったこともありますが、

原油相場はきっとあまり動きません。

米国だけでは。

原油高騰もプーチンの策略だとしたら

とんでもないことです。

実際のところはわかりませんが。


1バレル=90ドル台ってそんなに安くないと思います。

それでも原油国は、売上高に納得しないのでしょうか。

いろいろな計算と現状を鑑みないと、数字だけで

判断してはいけませんが。

弱ったもんです。

ウクライナの停戦で流れが変わることを

祈りたいと思います。

そんなにウクライナ危機は長く続かない。

明日は、杉田木工所"note"に

書きたいと思います。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]










  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年09月16日 11:20  カテゴリ:新聞社

スマートフォンアプリなどを使ってデジタル給与23年春解禁へ。 口座上限100万円で全額保証。キャッシュレス社会本格化へ。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


スマートフォンアプリなどを使う

デジタルマネーによる給与振り込みが

2023年春にも解禁されるそうです。

厚生労働省が13日の審議会に制度案を示し、

準備を進めることを確認したそうです。

決済を手掛ける事業者に保証の仕組みなどを

求めることで、連合などの労働者側も

導入に歩み寄られました。

給与を巡る個人顧客の争奪が広がり、

アプリ決済の利用拡大に弾みがつきそうだそうです。





全然知りませんでしたが

企業から労働者への賃金の支払いは

労働条件の最低基準などを定める労働基準法に定められ、

厚労省が所管しているのですが

賃金の支払い方法は現金払いが原則で、

例外として銀行口座と証券総合口座も

認めているそうです。

厚労省は年内にも同法の省令を改正し、

資金移動業者の口座も対象に加える。

早ければ来春にも解禁するそうです。


スマホ決済会社の

PayPay楽天グループの「楽天ペイ」は、

デジタル給与の受け取りサービスへの

参入を検討していることを明らかにした。

給与口座を銀行以外でも作れるようになり、

フィンテックが消費者の

人生設計に食い込むチャンスが広がるそうです。


ちょっと、怖いですけどねぇ。


デジタル給与の受け取りサービスには、

2023年にもスマホ決済を始めるJCBも

参入を検討している。

メルカリのメルペイも「前向きに検討する」という。

スタートアップでは

Kyash(キャッシュ、東京・港)のほか、

デジタル通貨決済の

ソラミツ(東京・渋谷)が

関連会社を通じて参入するとしているそうです。


課題もあります。

政府はサービスを提供する企業が破綻した場合に備え、

個人が預けた資金の残高の全額を保証する

仕組みの導入を義務付けるそうです。

スマホ決済アプリの口座で

デジタル給与を受け取る場合、

預金保険制度を使えない。

もともとスマホ決済アプリなどにチャージしたお金は

供託などで保全されているケースがあるが、

取扱額が日々変動していることから、

経営破綻時に必要な金額が

確保されていないこともありうるそうです。

東京海上日動火災保険などの損保大手4社は、

スマホ決済アプリの口座で受け取った

デジタル給与を保証する保険の開発を検討するそうです。

ただ損保などが個別で商品を開発すれば

「保険料率は1%は超える」(損保幹部)との声もあり、

利用企業にとっては負担が大きくなる可能性があります。


あるスマホ決済企業の社長は

「全額保証することを義務付けられるなら、

デジタル給与の受け取りサービスへの参入を断念する」

と話す。

今後は複数の決済業者や

業界全体で保証する枠組みをつくるなどの

対応が求められそうだという事だそうです。
※日本経済新聞の記事より抜粋。

====================================

一段と進むことになりました

キャッシュレス社会。

とうとう働いた対価をスマホアプリで

支給いただくようになるそうです。

なにか、新しいことをはじめますと、障害が

付き物であります。

ポイント運営会社になるのにも、いくつか

条件があるそうで、

現金を5,000億以上持っていることなど

いろいろとあるそうですが、

結局、ポイント運営会社さんのグループ会社さんで

スマホアプリによる給与受取サービスを担うことに

なりそうなので特段の問題はなさそうですけど。

杉田木工所でも、キャッシュレス化に向けて

各種銘柄を取り揃えており、

各キャッシュレス決済会社の加盟店に

入れて頂いております。

杉田木工所でのご用命の際には

「◯◯◯で。」とお好みのキャッシュレス決済銘柄の

お声かけをお願いいたします。


宜しければ、ご利用ください。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]











  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年06月26日 16:54  カテゴリ:新聞社

外食各社相次ぐ値上げ。インフレへの布石ですが急すぎる物価高。国内好循環ではないインフレはきつい以外にないです。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


中日新聞さんの記事から。

外食産業各社さんが

相次いでメニューの値上げに動き出したという記事であります。


原材料や燃料の価格上昇に円安

食品調達や輸送のコストもかさんでいる。


▲カレーハウスCoCo壱番屋 
 主要5品目を33円値上げ。

▲ロイヤルホールディングス
 「天丼てんや」で提供する34品目のうち
 14品の価格を10円~30円値上げ。

▲ケンタッキー・フライド・チキン
 オリジナルチキンを10円引き上げ。

▲モスバーガー
 メニューの約9割を値上げ。
 モスバーガー20円高い410円。

▲スシロー
 一部メニューを10円~30円値上げ。
 一皿税抜き100円すしは姿を消すことに。

【値上げ据置・値下げ】

△ゼンショーホールディングス
 はま寿司の高価格帯商品を値上げ。
 税抜き100円と150円の商品は価格据え置き。

△ワタミ
 焼き肉のワタミでメニュー429円以下とする値下げ。


がんばって、価格据え置きや値下げに動いている

外食産業もあるみたいです。

でも、価格据え置きと値下げは長くは出来ないように思います。


新聞の記事にはありませんが

1,200.-ぐらいからでやってくれる格安の

散髪屋さんは、今後も今と同じ価格帯で

サービスを提供されるのでしょうか。

杉田は、難しいように思うであります。


日本政府も日本銀行も

目指してきた「インフレーション」という経済状況。

インフレに振れましたが、

国内好循環からなる緩やかな物価上昇でのしくみです。

目指してきたのは。

海外からの輸入品価格の爆上がりによってもたらされた

循環無きインフレーション。

賃金上昇は起こらず、やたら物の値段ばかりが

上がり続ける。きつい以外ありません。




コロナ・ウクライナ侵攻で

経済は、リセットされた感じです。

物価が上がっても、賃金が上がれば

まだ生活は持ちこたえれます。年金受給者の方々は

厳しいですが。


外食も日々の暮らしのなかでの

たのしみのひとつです。

表の5社、どこも大好きなお店ばかりです。

「赤信号、みんなで渡ればこわくない」の精神で

一斉値上げです。仕方ありません。






100円ショップも今年中で経営がきつくなり値上げが

必須になると言われ始めました。





まもなくはじまる参議院議員選挙後

どこの党が国政を担うのか、わかりませんが

少なくとも来年のはじめから終盤にかけて

日本経済が好景気に進んでいる状況にいる

国政運営をしてくれる党が選ばれることを

ほんとに心より願うばかりであります。


ポイントも集めましょう。出来る限り。

生活防衛手段として、現代IT社会が

もたらしてくれた素晴らしい生活防衛手段です。





今度の参議院議員選挙が終了しましますと

向こう3年は選挙が無いそうです。


みまさま、ほんとに真剣に考えましょう。

日本の国政を。

必ず投票に行きましょう。

ご自身の給料も物価高も

政治がかかわっている部分が大きいです。

日本丸の舵取りを任せて

進む方向を良い方向に進めてくださる

党や人を選びましょう。



【みなさまからのこえのまどぐち】
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]










  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年06月11日 16:57  カテゴリ:新聞社

今年の秋以降の食料事情がとても心配です。日本国に小麦が入って来るのでしょうか。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。





6月第2週の土曜日

みなさま、如何お過ごしでしょうか。

朝から曇天の愛知県岡崎市の杉田木工所です。


ロシアによるウクライナ侵攻がはじまって

3ヶ月が過ぎましたが、依然と、ロシアのあほー大統領は

振り上げた拳をおさめる気配がございません。

ロシアによる戦争は、いろいろなところに

悪い影響を及ぼしはじめました。




この表は、2020年に発表された

小麦を作って輸出しているお国の主要国を

まとめたものです。

世界で、1億9852万㌧が作ったお国から

輸出されるわけですが

ロシアとウクライナで、3726万7,014㌧+1805万5,673㌧

合わせまして、5532万2,687㌧。

ロシアとウクライナで世界中の小麦の半分を

まかなってきたことになります。

先日、ウクライナのゼレンスキー大統領が

昨年取れた小麦が2,000万トン、ウクライナから輸出する

ことが出来ないと、発表されました。

普通に輸出しようとすれば、船になります。海運です。

ところが、ウクライナが面している黒海という海は

ロシアがバラまいた海上の爆弾がたくさん浮遊しているらしく

船が出せません。

今、鉄道を使ってポーランドやトルコ経由だと思いますが

隣国の鉄道に繋げて輸送出来ないか、いろいろと

やっているみたいですが、鉄道の線路規格がお国によって違うようで

この鉄道の作り方にもロシアの考えがあったみたいで

同じ鉄道規格にしてしまうと、隣国からロシアに侵攻してくる

国がおるといけないとの考えから鉄道の規格がまちまちなのだそうです。

この作り方が、ここに来て、マイナスにはたらいております。


湾岸戦争の時と似ていると思うのが

海運の乗っ取りです。

湾岸戦争は、イラクの先端にある小さなクウェートという国に

イラクが軍事侵攻してはじまったわけですが
 
イラクの狙いは、自国の国土面積のわりにふたつしかない港では

量産した原油が思うように輸出できない。

ところが、クウェートはイラクより小さな国なのに港が6つもあり

原油売上高がクウェートの方が遥かに上をいっている。

このあたりのジレンマが起こした戦争でございました。

2014年のロシアによるウクライナのクリミア半島併合のところから

今年02月のウクライナ中央部への侵攻を見ていても

先に港を狙った。との思惑は、納得のやり方で

湾岸戦争と似ております。

寒すぎて、シベリア側には、港が作れず

決して国が潤っているとは言い難いロシアの

強硬策ではありますが、こんなやり方は海賊・ギャングの

手口であります。


ファンダメンタルズは仕方がないにしても
(決しい良いと言っているわけではありません)

他でウクライナで獲れる小麦の代替分を作ってもいないわけで

当然ですが、戦争状態では、3月から種まきもしてないわけで。

今年の秋口からの小麦不足がとても心配になってきました。

世界中で小麦の取り合い・奪い合いに発展しそう雰囲気であります。


日本国は、お米文化であります。

「お箸のくにのひと」であります。


秋口からは、お米を食べることになりますのでしょうか。

米粉を使った日本独自のパンづくりなんて出来るとおもしろいなぁ

と、素人の杉田が考えたりしてもみるわけですが。

そんなに簡単ではないですかねぇ。


ロシアのあほー大統領は、ウクライナ全土を掌握したいと

目論んでいる。

ウクライナは、ロシアの属国に居続けるのはごめんだと

NATOやEUの加盟に必死である。

隣国がどんどんロシアから離れ

EU・NATO・ユーロをそれぞれのお国が

どれの加盟がいちばん平和で、豊かな暮らしが出来るかを

政治で選択している。

仮にウクライナが掌握出来たとしても

フィンランド・スウェーデンといった北欧がNATOの参加を表明。

軍事緩衝地帯を自らすすんで手を上げてくれた国たちが

ロシアを斬って、軍事境界線は、フィンランドとロシアに敷かれる。

あほー大統領はに問いたい。

あなたが、作りたかったロシア帝国ってこれですか?


ロシアのあほー大統領は、あしもとをもっと見直すべきであります。

====================================

今週も

杉田木工所Boo-logに

お付き合いいただきありがとうございました。


とにかく物価高ですねぇ。大変です。

日本銀行総裁は、もう打つ手がなさそうです。

日本政府は、なにかしないといけませんね。

このままでは、ドル高円安は、止まりません。

もう、1ドル=140円は、射程距離に入ったと思います。

政府は、なにかしてくれるのでしょうか。


まもなく、参議院選挙を迎えます。

この選挙が終わりますと

向こう3年は、国政選挙は無いとか。

しっかり考えましょう。

しっかり判断しましょう。

現状の経済で良いのか。

政府の方針は間違えていないか。

世論調査によりますと

岸田政権は、高評価になっているとか。

杉田は、考える時に差し掛かっていると思います。

来週も杉田木工所Boo-log

よろしければ、お付き合いのほど

よろしくお願い申し上げます。


それでは。


【みなさまからのこえのまどぐち】
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]















  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年06月05日 18:16  カテゴリ:新聞社

日大理事長に作家 林真理子さんが就任。がんばっていただきたいと思います。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


ここ数年、なにかと問題が

起きていました日本大学の次期理事長に

作家の林真理子さんが就任されるそうです。


家具屋 杉田は高卒でして大学には行っておりません。

大学というところがどういうところなのかもよく知りません。

ただ、前任の理事長さんが不祥事を起こしてしまい

連日、報道されている内容を拝見させて頂く限り

巨大組織でたくさんの人が動いている。

そんな印象です。


女性の巨大組織トップ就任は

いつも大きな話題を呼び、大きく報道されます。

それだけ日本での巨大組織のトップに女性が

就任することは、まだまだ社会的な違和感が大きい事を

意味しているのだと思います。




家具屋 杉田の働いている環境は

まだまだ男社会です。

そんな中でも、建築の設計士さんや

内装のデザイナーさんで女性の方がおられます。

家具屋 杉田の若かった頃よりはここ数年、

確実に増えています。

家具屋 杉田の印象は、女性設計士さんやデザイナーさんは

優秀な方が多いです。

自分も娘がおりますので

娘の成長を見ていても、女性の方があきらかに

脳のレベルは高いと思います。

どうしてもおとなになって結婚後

子育てを女性がやることが多く

杉田の家も嫁さんが、娘を育てているようなものです。

だんだんと社会のあり方が変わって

男性も子育てするようになるのでしょうか。

そうならないと、女性が出産後もお仕事を続けるのは

むずかしいように思います。

ましてやの巨大組織トップ就任であります。

よくわからない外野がどうこう言っても仕方がありませんが

組織改革を少なくとも林さんの直属の方々を前任の

メンバーで構成されているのであれば、刷新した方が良いと思います。


林さんが選ばれたのは大変なポジションだと思いますが

ぜひがんばっていただきたいと思います。

女性と男性では、得意なところ、不得意なところが

お互いにあって、それぞれが不得意なところを

補え合えばうまくいくのではと杉田は以前から考えています。

政治や組織トップは女性の方が向いているのではないでしょうか。

フィンランドやスウェーデン、ニュージーランドも

女性の方が行政機関の最高職をやっておられます。

すべてのやり方が日本に向いているのではないかもしれませんが

取り入れて、日本の行政機関のあり方やサービスが

向上するのであれば、おしえてもらって取り入れるべきです。

とりあえず1期4年間は、無事に任期をまっとうされて

従来にはなかった改革・革新がその組織におとずれることを

期待しております。

本日は、このたび日本大学次期理事長に

就任されました林真理子さんに

エールを送る文章を書かせていただきました。


【みなさまからのこえのまどぐち】
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]








  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年05月29日 17:15  カテゴリ:新聞社

マイナンバーカード取得全国民義務化へ。なかなか普及しない今後最高峰の本人確認証。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。








※中日新聞さんの記事よりです。

政府はマイナンバーカードと健康保険証を

一体化させた「マイナ保険証」を普及させて

現行の岡崎市は紙ベースですが

紙ベースの保険証を原則廃止することへ目指す事を

経済財政運営の指針に明記すると発表しました。


やっぱり、国民全員作成を義務付けられるようです。

こうなることは、家具屋 杉田は読んでおりました。


家具屋 杉田がマイナンバーカードを作成したのが

およそ6年前。マイナンバーカード制度の初年度でありました。

家具屋 杉田の母が運転免許証を持っておりませんで

なにの行政機関手続きだったかは憶えておりませんが

写真付きの本人確認書類を当時何一つ持っておりませんで

その行政機関手続きにかなり時間がかかったのを憶えております。

マイナンバーカードが始まる前年だったと思いますが

あたらしく始まるマイナンバー制度についての講習会に

2~3回ほど、参加をさせて頂きました。

マイナンバーカードをこの先持っておりませんと

手続きによっては、保険証がひとつと

金融機関のキャッシュカードがひとつ

医療機関の診察券がひとつ、と

合計で3つの本人確認書類が要る場合があり得ます。と

説明をされたものですから

マイナンバーカードの作成開始初年度に岡崎市役所の

1階に家族で伺いました。


それから6年の年月が流れた訳ですが

家具屋 杉田の本人マイナンバーカードで

住民票を2回、印鑑登録証明書を2回ほど

コンビニエンスストアの複合機を利用して

印刷をし、手続きに使いました。

とても便利であります。




家具屋 杉田は個人的に

マイナンバーカードが好きであります。


現在、東洋大学

グローバル・イノベーション学研究センター客員研究員

経済学者の竹中平蔵先生が小泉政権で

総務大臣を担当されていた頃

マイナンバーカードの監修を担当されていたと

お聞きしたことがごさいます。

マイナンバーカードは、もっと世界の先進国の中でも

最先端の機能を有したカードで登場する予定でした。

ところが、当時の大変な抵抗勢力の方々から

いろいろな難癖をつけられて

最終的に、①自治体の手続き時の簡素化

②税務行政書類の汎用

③災害発生時のリスト作成時の汎用

と、この3つの行政手続きのみに有効な鍵として

登場するという何とも残念な船出で始まりました。


2022年度中にほぼすべての国民に普及させる

事を政府は目標としており

2024年度末までにはマイナンバーカードと運転免許証の

一体化が予定されております。

その後ですかねぇ、マイナンバーカードそのモノを

バーチャルカードにしてスマホの画面で管理と利用が

出来るようになるのが。


今後、どのような民間企業さんと一緒になって

どこまで便利なカードになるのか

家具屋 杉田は個人的に楽しみにしております。

銀行のキャッシュカード、クレジットカード、

ポイントカード、パスポートなど

昨年の12月現在でマイナンバーカードによる

「公的個人認証サービス」を利用している会社さんが

115社あります。それからまた増えている事と思います。


こんなことになるのなら

はじめっからもっと機能満載でも良かったのではないでしょうか。

と家具屋 杉田は思っております。

多少のお金がかかっても

今は普及させることが大切に思います。

まだまだ、市民病院をはじめとした医療機関では

使えるところが少ないです。

市民病院では、お国のデータはマイナンバーカードで

利用出来ますが、岡崎市のデータまではカードに

記録されておらず、岡崎市のサービスを受けるのには

それぞれの原本確認が必要との事で

結局いろいろと持って行かないと医療機関での

窓口手続きは終わりません。

関係ないですが、夜間当直医の先生にかかった時に

クレカやペイペイを使えるように整備して欲しいです。


もう、何回もマイナンバーカードについて

この杉田木工所Boo-logで触れてきましたが

なかなか、ほんとに便利だと実感するサービスの提供が

遅いように感じております。

今は、物理カードを使っていますが

将来的にはカードではなくなり

身体のなにかで本人確認が出来る

そんな行政サービスに移行するものと考えております。


いろいろとじれったかったり、イライラする事も

今から数年、何度もあろうかと思います。

過渡期に訪れるその時だけの焦燥です。

長い目で見てあげましょう。

日曜日の昼下がりに

やがて便利になるであろう

行政のサービスについて

書いてみました。


【みなさまからのこえのまどぐち】
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]









  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年05月25日 21:12  カテゴリ:新聞社

コロナ特需企業、軒並み2年前の経営水準に戻る。家具屋杉田は3年に及んだコロナはほぼ終息したと判断いたします。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


※日本経済新聞さんの記事よりであります。

【シリコンバレー】
米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズなど

新型コロナウイルス禍で脚光を浴びた

新興企業が成長の壁に直面している。

暮らしが正常化しつつあるなかで売上高が伸び悩み、

株価はコロナ前の水準に逆戻りした。

過去2年で利用者は着実に広がった。

既存顧客との結びつきを強めて

再成長につなげられるか、岐路に立つ。




ズームが23日に発表した

2022年2〜4月期決算は、

売上高が前年同期比12%増の

10億7380万ドル(約1370億円)だった。

伸び率は19年の上場以降で最も低く、

直前の四半期(21年11月~22年1月期)から

横ばいだった。

時価総額は20年10月のピーク時に比べて8割強減少し、

コロナ感染が世界で本格的に広がる前の

20年2月の水準に戻った。


電子商取引(EC)基盤のショッピファイや

自宅フィットネスのペロトン・インタラクティブ、

電子署名のドキュサインなども

コロナ禍の上昇分が吹き飛んだ。

動画配信大手のネットフリックスの時価総額は

18年初めの水準に戻っている。

金利上昇でハイテク株全般が下がっているものの、

「コロナ銘柄」の下落ぶりは際立つ。


急拡大の段階が過ぎ、

ズームが急ぐのが既存顧客の深掘りだ。

同社が「大企業」と位置付ける顧客との契約数は

22年2〜4月期に19万8900社と、

2年前の約2倍に膨らんだ。

契約数の伸びは鈍ってきたものの、

個人と比べて解約は限定的だ。

出社の再開率は米主要都市で4割強にとどまっており、

在宅を適度に組み合わせる

「ハイブリッドワーク」を念頭にしたサービスには

追加導入の余地があるとみる。


そこで1年ほどかけて、

クラウド電話やコールセンター

離れた場所から同時に書き込める仮想の

ホワイトボードといったツールを相次ぎ実用化した。

今春にはオンライン営業の成果を分析する

サービスも始めた。

エリック・ユアン最高経営責任者(CEO)は


「こんなサービスも、

  あんなサービスもあるよと常に顧客に話している」

と言う。

コロナ禍でズームのビデオ会議を使っていた

米レンタカーや米医療保険会社が

2〜4月期に新たにクラウド電話サービスの利用を始めた。

「信頼があれば(顧客当たりの単価を引き上げる)

  アップセルは比較的容易だ」(ユアン氏)とみており、

24年ごろをめどに新規事業の

売上高比率を1割超に高めるという。




ロシアのウクライナ侵攻やインフレを背景とする

景気減速への警戒感は強まっている。

コスト削減を急ぐ企業が増え、

思惑通りに単価上昇が進むかは不透明だ

。ビデオ会議やチャットなどをまとめて提供する

マイクロソフトは

「個別に契約するより安い」(サティア・ナデラCEO)と

強調しており、乗り換えが起こる可能性もある。

支出にシビアな個人客を相手にする企業は、

既に急成長の反動に苦しんでいる。

自宅フィットネス機器で一斉を風靡したペロトンは

1〜3月期の売上高が9億6430万ドルと、

前年同期比24%減った。

2月に就任したバリー・マッカーシーCEOは

キャッシュフローの改善など

立て直しに注力するとしているが、

株式売却などの噂は絶えない。

ネットフリックスも米国や欧州で会員の減少に直面する。

値上げを組み合わせることで

売り上げ成長を維持してきたが、

インフレと在宅時間の減少が重なるなかで裏目に出た。

広告収入などを模索する一方で、

5月には150人規模の人員削減にも踏み切った。

急成長で得た果実を生かして安定成長に移行できるか、

経済減速に巻き込まれて逆回転を余儀なくされるか。

コロナ禍で躍進した企業にとって正念場となる。

====================================

コロナ特需は終わったと判断しても

良いように杉田は思います。

日本国は、年齢制限有の

4回目のワクチン接種がはじまろうとしていますが

もう増幅する感染者の拡大は無いものと思います。

ZoomやTeamsを使ったテレワークという自宅での

就業スタイルは、限定的と思われ

会社に事務所に出社する人達が

全員でないにしても大部分は出社するように

なるのではないでしょうか。

まだ、あまり見かけませんが

政府から、屋外での「マスク」無しでの

活動が、公共交通機関などを除き

概ねO.K.のお墨付きをいただきました。

これから徐々にマスク無しで外出する人達が

増えてくると思われます。

ようやくって感じがします。

コロナ特需企業の皆さんには

違ったサービスを提供していただき

コロナ禍以上に世の中をおもしろくして

いただければと思います。


今日は、日本経済新聞さんの記事から

もうコロナ禍、終わったよねぇと確信が持てる

数字を発見しましたので書いてみました。



【みなさまからのこえのまどぐち】
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]









  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年05月22日 16:01  カテゴリ:新聞社

7月電気料金、大手4社が値上げ。 ロシア影響、都市ガスは全社。ガソリンも大事ですが、電気ガスも補助金が欲しい。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


中日新聞さんの記事から。

大手電力10社のうち4社が、

7月の家庭向け電気料金を前月に比べ

値上げする見通しであることが19日、分かった。

ロシアのウクライナ侵攻などの影響を受けた

燃料価格上昇が深刻なためだ。

残る6社は「燃料費調整制度」で燃料価格の

上昇を転嫁できる上限に既に達しており据え置く。

大手都市ガス4社は全社値上げする見通し。

標準的な家庭の場合、1年前の2021年7月と比べ、

東京電力と中部電力では

1800円以上の大幅な負担増となる。

前月との比較で、電気料金の値上げ幅が最大なのは

東電の301円。次いで北海道電力が295円、

中部電は260円、九州電力は18円

値上げするとみられる。

====================================

7月から、電気・ガスの料金がまた値上がるという

記事であります。

状況が状況なので仕方がない面も

あるとは思うのですが、

少しやり過ぎてはないでしょうか。

数をかぞえてはいませんので何度目の値上げになるのか

わかりませんが、ここ数年の値上げラッシュは

とにかく凄まじいであります。


コストの上昇ですので。はわかりますが

どんどん値上げするのは如何なものかと。

ガソリンの値上げでも現在もお国から

補助金が入っている状況が続いておりますが

電気・ガスの上昇分にも

お国からの補助金が入って欲しいと願います。

ウクライナ侵攻が仮にすぐに停戦したと仮定しても

すぐに原油相場の下落にはならないと思いますが

ロシアの現状変更はすぐでもやめて頂きたいと思います。










4月の消費者物価指数の上昇率が2%に到達ました。

食品やエネルギーなど生活に直結する

品目の値上げラッシュで、

家計負担の実感はさらに重い。

資源高と円安によるコスト押し上げに

賃金の伸びが追いつかない現状は、

9年に及ぶ異次元の金融緩和で

日銀が思い描いたデフレ脱却による

「経済の好循環」とはほど遠いそうです。


三菱UFJリサーチ&コンサルティングの

小林真一郎主席研究員によりますと

消費者物価の2%上昇が1年続くと、

2人以上の世帯の平均支出は

年67,000円も増えると試算されてます。

これは個人消費にとって

消費税3%増税と同程度のインパクトだそうです。


「物価上昇の打撃は

  低所得層や高齢者層がより受けやすい」

と指摘するのは、

野村総合研究所の

木内登英エグゼクティブ・エコノミスト。

生活に欠かせない電気・ガスの光熱費は、

東京電力と東京ガスの管内の一般的な家庭で、

7月には1年前より

計3,000円以上も膨らむ計算になるそうです。

木内氏は、足元の原油価格と円安水準が続けば、

消費者物価の伸びが年末に

2・7%に達すると予測されます。


日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁が

異次元緩和で「2年で2%」の物価目標を実現すると

大見えを切ってから9年。

しかし実現したのは、資源高と急激な円安が

もたらした意図せぬ物価高だった。

黒田氏は13日の講演で

「単に物価が上がるだけでなく、

 賃金や所得が増える中で好循環が

   形成される必要がある」と淡々と語り、

アベノミクスを主導した安倍晋三元首相と

二人三脚で目指した

「デフレ脱却」の達成を意味しないと説明した。

最近はむしろ、政府と日銀で政策の不整合が目立つ。

日銀は金利上昇を抑え込む姿勢を崩さず、

インフレ対応で利上げに動く米国などとの金利差が開き

円売りドル買いが加速。輸入物価の上昇に拍車をかけた。

一方で岸田政権は

ガソリン価格抑制の補助金や困窮世帯への

給付金などの物価対策を打ち出し、

物価高への国民の不満を和らげようと躍起になっている。

注目された今春闘は、

経団連の第1回集計で賃上げ率が平均で2%を超えたが、

内訳は定期昇給が大半を占め、

所得全体を底上げするベースアップは

力不足の印象を否めない。

松野博一官房長官は20日の記者会見で

「幅広く賃上げの流れが広がっていくよう取り組みたい」

と、強調したが、賃上げが勢いを欠く中で

「悪い物価上昇」が続けば、

2%目標を掲げ続ける正当性も問われる。


頭の痛い今年の中盤であります。  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2022年05月10日 21:49  カテゴリ:新聞社

【名古屋手形交換所】廃止へ。2022年11月をめどに。また進む「デジタル化」。置いていかれないように付いていきましょう。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


杉田個人的には「ビッグニュース」であります。

全国銀行協会さんの名古屋支部にあたる

名古屋銀行協会さんが運営する

【名古屋手形交換所】を2022年11月をめどに

「廃止」する方針を固められたそうです。


同じ月に全国銀行協会さんが

「約束手形」の取引を電子化する電子交換所を

新設することに伴う動きなのだそうです。


名古屋手形交換所は

前身が1902年(明治35年)に発足。

第2次世界大戦中に業務を日本銀行名古屋支店に

一時移管して、終戦後に名古屋銀行協会さんが

継承されたそうです。 歴史がありますねぇ。

愛知県に本支店を置く銀行さんや信用金庫さんなどを

中心に91の金融機関が参加しているそうです。

金融機関さんが紙の手形を持ち寄り

自行の支払い分と受取分を交換した上で

差額を決済する。

名古屋手形交換所の2021年度の

取引実績は286万枚で、

6兆7,705億円。

近年のインターネットバンキングなどの

決済手段が多様化して取引は減少していたそうです。

名古屋銀行協会さんは名古屋手形交換所「廃止」後

も金融機関の業界団体として存続しまして

協会建物も当面維持するそうです。

====================================

いよいよ、「有価証券」と呼ばれる

「約束手形」や「小切手」たちがデジタル化される

スケジュールが決まりました。

この「有価証券」の電子化は杉田木工所Boo-log内でも

2回ほど書かせて頂いているのですが

とうとう、ほんとに実現化するようです。

杉田、今日の中日新聞さんの朝刊の記事を見るまでは

まったく知りませんで、某金融機関さんには

出来ましたら、新聞発表前に事前に

教えて欲しかったです。





杉田木工所のお取引先や仕入れ商社さんとは

かなりの会社さんとの取引が

金融機関口座からのお振込みに

切り替えてきましたので、

そんなに困ることがありませんが

お仕事を頂く度に、

「小切手」決済で対価を頂く会社さまが1社。

材料やメンテナンス費、工具、木工用機械の

仕入れ額の決済用に

「小切手」決済を実施している会社さまが1社。

この2社は、2022年11月以降、

どうされるおつもりなのでしょうか。




現金支払するから取りに来いと

呼ばれるのでしょうか。

仕入額の決済を「小切手」で実施している会社さまは

お振込みに切り替える事になるでしょう。

今日、某金融機関さんに聞いたお話では

2022年11月以降の交換所「廃止」後もしばらくは

紙の「有価証券」を使っても

金融機関さんは取り扱ってくれると

言っておられました。

しかし、杉田も金融機関さんとは長いお付き合いで

直前になって、お話が変わったことも何度かありまして

正直申し上げて、半信半疑であります。


以前、杉田木工所Boo-log内でも

書いたことですが、このような双方で利用する

システムや仕組みは

とちらか一方が持っていて、どちらか一方がもっていない

では、意味がありません。

切り替えは少しのタイムラグがあったとしても

ほぼ同タイミングで双方が利用出来ませんと

ダメであります。

明日、某金融機関さんが、杉田木工所を訪れて

「電子債権」について説明をしてくれるそうです。

出来ますれば、某金融機関さんが開催する

「セミナー」にも出席して欲しいと頼まれました。

明日以降、どう展開されるのか、また続きを

杉田木工所Boo-logでご紹介出来ますれば

ご紹介していこうと思っております。


どんどんと急激に進む「デジタル化」。

来年、はじまりする「インボイス制度」といい

激変する2020年代。

時代の岐路に我々は立っているのかも知れません。

  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)