岡崎市の家具職人 杉田木工所|ニッチな場所にも収納製作 オーダーメイドや家具のリメイクもお任せください


2022年06月22日 21:50  カテゴリ:家具の再塗装

無塗装で無垢材や集成材家具を頼まれることがありますがお勧めしません。施工後にトラブルに見舞われても責任が持てません。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


ときどき、お問い合わせを頂く

無塗装の木材や集成材の素地のまま

家具として製作後、取付施工。

素地の状態のまま使い続けるのは良くないですか。

について少し書きたいと思います。


結論から申し上げますと

素地のままご使用になるのは

お勧めしません。


杉田木工所も最近は、あまり塗装仕上の家具を

製作・取付施工しておりませんが

過去に、無塗装のまま素地仕上げで家具を

納品したことが記憶にございません。


現場で建築塗装の職人さんに塗装して頂く

段取りで、素地のまま家具にして取り付けたことが

あったかもしれませんが、それでも現場で

塗装はして頂いているはずです。


木材の材料や木種によっても価格が違いますが、

無塗装の状態でも家具としての価格が

結構高額になります。

その上に家具塗装を施すわけですから

塗装の分が必然的に高くなります。

最低でも¥20,000~¥30,000.-は塗装だけで掛かります。

サイズの大きなものになれば、¥100,000.-ほど

塗装だけで掛かる家具もございます。


出来るだけお値打ちにしてお使いになりたいお気持ちは

とてもよくわかります。




しかしながら

杉田木工所も家具の受注を任せられた時点で

製作した家具について責任がございます。

お客様が使い始められてから、キズも付くでしょうし

水や飲み物をこぼしてしまい家具に水分が

浸みこんでしまう。という事も十分あり得ます。




トータルでまとめますと

家具がどうなるかわからないのです。製作者側は。

無塗装の木材や集成材は水を吸い込んでしますと

その部分が膨張して膨れ上がります。

削らないと直らないです。

木材や集成材の表面にサンドペーパーで研磨して

仕上げてからお客様にお渡ししますが

ささくれや棘(とげ)が長年の経年変化によって

出てくる場合が考えられます。

お客様の手や腕に

ささくれや棘(とげ)が刺さってしまったら

と考えますと、無塗装で家具を納品するのは

物理的には出来ますが、お止めになった方が賢明です。

↓※あくまでイメージです。



人類も最初から衣服を

身に纏っていたわけではありません。

だんだんと裸で過ごす事に違和感を生じ

寒さや暑さ、怪我やキズなどから身を守るために

衣服を人類の進化と共に、身に纏うようになったのだと

杉田は想像します。




家具の寿命が無塗装の場合

塗装された家具よりも短いように考えます。

立証してことはありませんので

それも推測の域ではありますが。

着色をして、保護コーティング材を塗り

家具の装飾がいちばんの目的ですが

家具の保護も兼ね備えているのが塗装の役目になります。


そんなに無塗装の状態で問題なく

長く使用出来て、お客様に満足して頂けているのでしたら

既製品や量販家具で販売されている塗装家具も

無塗装で販売されるはずです。

既製品や量産家具でも塗装されて

販売されているわけですから

それなりに意味がございます。




くり返しますが

オーダーメイド家具は、高額と言えば高額になります。

少しでもお安くご購入されたいお客様の

お気持ちは家具屋 杉田もよくわかります。

一生モノのとして存在と価値感。

それを基本とお考えいただき

天然木材や集成材を使った家具の場合

塗装は、必須の工程とご理解を賜りたいと存じます。


この杉田木工所Boo-logを聞いている時間に

思いつかない無塗装の場合でも使える家具が

思いつきましたら、またこの記事に追記したいと

思います。


今回は、天然木材や集成材を使った家具を

無塗装で発注されるのはお止めになった方が良いです。

お勧めしません。という

一(いち)家具屋の考えを述べさせていただきました。



【みなさまからのこえのまどぐち】
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]










  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2021年09月13日 21:39  カテゴリ:家具の再塗装

C様からのご依頼。"家具の再塗装"。受注した事例です。"家具の再塗装"をお考えの方、ご参考にされてください。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。







     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


【既設キッチンテーブル再塗装のご依頼】

〔内 容〕

長年に渡り
ご使用されてきたキッチンテーブル。
お孫さんたちがテーブルに乗られたり
なにかしらの事で傷が
入ったキッチンテーブル。

脚は良いので、天板のみ再塗装
して欲しいとのご依頼でした。


【参 考 価 格】
¥110,000.-(消費税込み価格)
※詳細については、杉田木工所(☎0564-52-3279)にまでお問い合わせください。

〔キッチンテーブルのデータ〕
サイズ: 長さ2,000㍉x巾950㍉x床からの高さ691㍉
表面材:天然材(集成材)
   ※木種まではわかりません。  
表面加工:ウレタン樹脂塗装


"再塗装前の状態"です。


↓天板の一部です。表面のウレタン樹脂塗装が
 完全に剥離(はくり)して下地材がみえてしまっています。


↓横の小口面にも塗装剥がれが...。




↓ところどころにウレタン樹脂塗装の剥離があります。








↓某高級家具メーカー製です。



↓脚だけがビスをすべて外すと外れます。



↓20年前にご購入されたキッチンテーブルみたいです。


↓杉田木工所にて、天板を反対にしたところです。


↓大きなテーブルの無垢板仕様なので、天板反り止めが入っています。








**************************
↓再塗装後の写真です。
**************************







↓"再塗装後"お客様のご自宅に帰ってきた写真です。





まな板の凸凹平削りの次に

お問い合わせの多い杉田木工所の

業務内容です。

メールから

杉田木工所公式LINEアカウントから

お問い合わせを数多くいただいております。

ありがとうございます。

しかしながら、

お客様のご希望のご予算と

杉田木工所の"家具の再塗装"のお見積りに

かなり乖離(かいり)が多い場合が見受けられ

なかなか、受注に至りません。

"家具の再塗装"の場合

①現状の塗装をすべて擦り落して剥離するのに1日掛かります。
②着色塗装をして一旦「乾燥」させます。
③ウレタン樹脂塗装の下地材をスプレーガンで吹き付けます。
 乾燥後、紙ヤスリペーパーで凹凸を削ります。

④ウレタン樹脂塗装の仕上材を
 スプレーガンで吹き付けます。

乾燥後、完成です。

全行程、4日ぐらいはかかります。

お仕事の受注具合によって

家具のお預かり日数が10日ほどになる

場合があります。

かなり手間のかかる作業と工程です。

かなり小さな家具でも¥20,000.-~¥30,000.-ほどでは

杉田木工所としまして受注致しかねます。



ケースバイケースで

受注価格もまちまちです。

ご不明な点などがありましたら

小さなことでも構いませんので

杉田木工所までお問い合わせください。

お問い合わせされるお客様の

80㌫の方が

杉田木工所メールアドレス
[email protected]

杉田木工所LINE公式アカウントからの

お問い合わせです。

今回は、無垢の家具だったので

綺麗に再塗装出来ました。

突板の場合や天板に傷が入っている場合は

再塗装が難しい場合がございます。

長年ご使用になられた塗装家具を

再塗装して再び、お手元に置いて

いっしょに過ごしたい方へ

ご参考になれば幸いと存じます。




【みなさまからのこえのまどぐち】
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]












  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)