岡崎市の家具職人 杉田木工所|ニッチな場所にも収納製作 オーダーメイドや家具のリメイクもお任せください


2022年06月09日 22:14  カテゴリ:オーダーメイド家具の取扱説明

「注意喚起 !」です。家具の中の"引出し"を水で丸洗いするのはおやめください。MDF編。こうなります。取扱説明書。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


とある個人のお客様からのご依頼紹介です。

最初に書いておきますが、

決して「MDF」という材料は使い方さえ

間違わなければ、家具材としては普通に機能いたします。

====================================

洗面化粧台に付いている引き出しだそうです。

洗面化粧台の部屋壁が

「珪藻土」素材のような壁らしく、場所柄

水回りなので、部屋の壁に水が飛ぶことも

ひとがそこで暮らしていれば、毎日のようにあり得ます。

でも、「珪藻土」のような素材の壁なので、

すぐに水を吸って

ぬれていた部分も魔法のようにすぐに乾きます。


お客様は、部屋壁がそうなので、家具の引き出しも

そういう仕様になっていると思われたらしく、

おそらくおもいっきりだと

思いますが、引き出しを水洗いされたそうです。

その結果がこれになります。





































この引き出しは、

ほぼ80㌫ぐらいが「MDF」という素材で

構成されている引出しです。

この「MDF」という素材は、わかりやすく例えますと

「厚紙」です。

薄い紙を何層にも重ねて、かなりの圧力をかけて

圧縮して、JIS規格にあります、

2.5㍉や4㍉、5.5㍉といった

木製のベニヤ合板の規格と同じ規格に仕上げたものです。

自然に生えている木材は、水にぬれますと水を吸い込む

木材が多いです。

なかには、あまり水を木材表面から吸わない

木材もあるみたいです。

だから、そのような木材は屋外の

ウッドデッキの床材などに

採用されるわけです。


今回の引き出しもベニヤ合板で構成されていても

同じように水で丸洗いすればある程度はどこかの

部分が膨張します。

しかしながら、この「MDF」という素材は、

木製ベニヤ合板で

構成された引き出しより、多く水を吸い込みます。

今回の引き出しも膨張してしまった部分が多くて

引き出しが家具の引き出し収納口に

入らなくなってしまいました。

引き出しの前後で4㍉ほど違いが出てしまっています。


このような結果になってしまった要因は

いろいろとあると思いますが、家具屋側にも

責任の一端はあると思います。

我々、オーダーメイド家具を毎日製作して

お客様のもとに届けて取付施工しているのですが

取扱説明書なぞをお客様に渡していません。

使い方でお客様が長くご使用になるのに

気を付けて欲しいことがあれば

取付後にご説明いたしております。が

今回の事例はまったく考えていなかったです。


昔、テレビ番組の「笑っていいとも!」という番組の中で

司会のタモリさんが世の中のいろいろなものに怒りを

ぶつけるコーナーで

「おじさんは、怒ってっるんだぞ !」

というコーナーがありました。

その日は、家具調こたつの取扱説明書について

怒る日でした。

なかでも、家具調こたつの取扱説明書の中に

こたつヒーター部分を上に向けて網で

餅を焼かないでください。

と書いてある説明文があり

タモリさんが、「そんなひと、いる?」。と

テレビに向かって怒っていたのを憶えています。




タモリさんは怒っていましたが

家具屋 杉田が思うには、実際にヒーターを

反対にしてお餅を焼いた人がいたと思うのです。

だから、取扱説明書に明記されたと。杉田は思います。




ひとは、いろいろな考え方を持ったり

大勢のひとは思いつかない行動を取ってしまう

少数のひともいるわけです。

きちんとユーザーさんにプロダクト側は

説明しないといけませんね。

今回、大変勉強になりました。

杉田木工所Boo-logが、

オーダーメイド家具の取扱説明書として

機能するような記事を今後は思いつく限り

書いていこうと思いました。


この記事を読まれた方で

洗面化粧台をはじめとした

お部屋にある家具は、引き出しも含めて

べしゃべしゃになるほど、水で丸洗いするのは

絶対にやめましょう。

あとで困った事になります。

「MDF」という素材が

どれだけ水に弱いかという事をお伝えできて

ほんとに良かったと思っております。

なかなかこれだけの実例をお見せすることも

ありませんので。

「MDF」素材で出来た家具は水に弱いという

記事でありました。


なにか、似たような事例でお困りの方が

いらっしゃいましたら

杉田木工所までお問い合わせ下さい。

全く同じに原状回復させることはむずかしいですが

起きてしまった家具のトラブルをトラブル前の状態に

近づける事は出来るかもしれません。


ご検討のほど、宜しくお願い致します。



【みなさまからのこえのまどぐち】
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]









  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)