岡崎市の家具職人 杉田木工所|ニッチな場所にも収納製作 オーダーメイドや家具のリメイクもお任せください


2019年06月30日 17:11  カテゴリ:思考

G20。大切で有意義な集まりだと思いますが、俗世間は迷惑です。どこか離島でやってもらいたいです。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。


令和元年06月10日に、大阪に本社拠点を置いている装飾金物メーカーからのメールに添付してあった文書です。

G20・大阪サミットの影響で令和元年06月26日から06月29日までのお取引先から発注をもらった製品の出荷やその後の流通に遅配が発生するかもしれないので、この期間中に必要な製品を早めに発注してください。という内容であります。

我々でもそうですが、ひととコミュニケーションをとる時に、お互い合って、何か飲みながら食べながら、表情を見ながら話をすると、物事が予定より早く終わったり、決定したり思ってもみなかった方向へ行き、それが良い方向だったりする事はあります。

しかし、世界各国の国家元首が集まりすぎではないでしょうか。どこの国の元首の人かは忘れてしまいましたが、日本の安倍首相との話が1分だった元首がおられると聞きました。何の話が出来るのですか、1分で。もちろん事務方の人たちはそのあとでいろいろ議論するのでしょうけど。

阪神高速も全面封鎖されて、サミット会場近隣の鉄道会社駅も終日利用不可。学校も休校。街中も車もタクシーもほとんど走らず。街中を歩いていれば警察官の質問に遭う。

人口が200万人以上の人が住んだり、働いたりしている都市で、グローバル会議、やめませんか。
大事な話がたくさんあるのはわかりますが、どこかの島で集まったら良いじゃないですか。リゾート気分で。警備も大阪サミットほどにはならないように杉田思いますが。

世間の経済活動に差し支えあり過ぎです。今後の世界経済が明るいことを切に願います。


次回、製作中の家具の進捗状況をご紹介しようと思います。


  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2019年06月29日 19:18  カテゴリ:製作事例

出来上がりました、吊戸棚です。指で押して扉が開きます。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。



完成しました、吊戸棚です。

↓扉が取り付いた写真です。



↓この吊戸棚は、扉の開閉が通常と違う動かし方で開閉します。


↓ムラコシ精工という金物製作会社さんのプッシュラッチM1という金物が付いています。







↓扉の動きを動画で撮影しました。


床置きの状態で、上から撮影していますが、住宅に取り付けると、吊戸棚なので、部屋の上の方で扉は開閉します。
扉にツマミや取っ手を取り付けて開閉するタイプではなく、扉を指で押して扉を出して開閉するタイプですので、見た目はシンプルに見えます。

使う人の好みなので、見た目をシンプルに見せて収納として家具を使い方には最適かと思います。

↓図面の詳細を見たい方は、こちらをクリックしてください。
%E7%BE%BD%E4%BD%90%E7%94%B0%E6%A7%98%E4%BD%8F%E5%AE%85%E6%96%B0%E7%AF%89%E5%B7%A5%E4%BA%8B_z%E5%90%8A%E6%88%B8%E6%A3%9A_Boo-log%E7%94%A8_1.pdf (PDF: 180.5KB)

↓ムラコシ精工製プッシュラッチの詳細図です。大きく見たい方はクリックしてください。
%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%82%B7%E7%B2%BE%E5%B7%A5_%E3%83%97%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%81.pdf (PDF: 166.39KB)

↓前回の吊戸棚の記事です。製作の進捗状況がわかります。
2019/06/26
現在、製作中の吊戸棚です。
毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。昨日から製作しております、吊戸棚です。既設の収納が右にありまして、その左隣の天井近くの吊戸棚です。吊戸棚の下は、冷蔵庫があります。現場施工後の写真が撮れれば、また記事にしてお見せしたいと思います。…



次回、なにかゆるい記事でも書こうと思います。


  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2019年06月28日 19:07  カテゴリ:一般住宅用家具カテゴリ:製作事例カテゴリ:現場施工・支援

一般住宅 カウンター収納のご紹介です。オーダー家具。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。

杉田木工所で製作した家具ではありませんが、なかなか良い感じのカウンター下収納をご紹介します。

家具職人 杉田は取付施工のみで本日、現場に参加しております。



↓引き出しの横と後ろに使用する板は、桐の板を使って製作することが多いのですが、最近は、このように白い化粧板で覆ってしまって引き出しを製作する事が増えております。また、これもトレンドなのかもしれません。


↓奥のシステムキッチンが確認できると思いますが、そのシステムキッチンの扉や、引き出しの前板と同じデザインで出来ているのがわかるかと思います。

ちょっと奥のシステムキッチンが暗いですかね。
システムキッチンのメーカーさんに頼んで、扉と引き出しの前板に使用している化粧板を支給してもらって、手前のカウンター下収納の扉と引き出し前板は製作してあります。
メーカーさんさえ、お許し頂けるのであれば、このように、システムキッチンの仕様とほぼ同じに家具を製作する事が可能です。

引き出しと扉に取り付いている引き手金物も、後のシステムキッチンに取り付いている引き手金物と同じ物が取り付けてあります。
これもメーカーさんから支給して頂きました。

====================================

新築やリフォーム、最近だとリノベーションですかね、
いろいろ内装を改装しようとお考えの方々へ。

全部のメーカーさんが化粧板や、装飾金物を支給して下さる訳ではありませんが、オーダー家具・オーダーメイド家具をご注文なさってお部屋に取り付ける時に、同じ部屋にある新しくしたシステムキッチンやお使いの家具の化粧板と同じ化粧板で製作して欲しいと思われたら、建築屋さんやリフォーム屋さん、オーダー家具屋さんに一度ご相談ください。
同じ化粧板で製作が可能かもしれませんので。

お気軽にご相談ください。

次回、前回ご紹介した、「吊戸棚」と「洗面化粧台横 収納」の進捗状況をご紹介します。


↓この記事の家具をデザインされた家具会社さんです。

家具設計・デザイン・現場施工 
(有)清水家具製作所
電話:0564-51-5343
Fax :0564-51-5984
メール:[email protected]


  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2019年06月27日 20:00  カテゴリ:製作事例

現在、製作中の洗面化粧台横 収納です。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。


今日から製作に入りました、洗面化粧台横の収納です。

図面の左側の緑色の部分が製作に入りました洗面化粧台横収納です。

貼り付ける化粧板が杉田木工所に入荷されたのが、14:30頃だったので、フラッシュパネルの骨だけの写真を見ていただきます。



一般住宅向けの家具です。床から860㍉までの高さまでの収納部分の奥行きが580㍉。
860㍉から上の部分の収納が、奥行き380㍉と奥行きの深さが違っております。

====================================

↓床から860㍉の高さに位置する厚み30㍉の中段板になります。化粧板を貼る前なので9㍉のベニヤと厚み18㍉のファルカタ合板を接着剤で貼り付けた状態です。この段階で厚み21㍉になっています。

↓裏面になります。

↓厚み21㍉の断面になります。


====================================

↓バックパネルの骨の状態です。


↓中に入る棚板たちの骨の状態です。



↓これは、杉田木工所の売りのひとつであります、「ハニカム構造体」です。


↓ハニカム構造体について以前書いた記事です。良かったら読んでみてください。
2018/12/17
軽さをそのままで、物を乗せる面が強くなる ハニカム構造体。
平面から撮影した写真です。↓これは、ハニカム構造体と呼ばれる部材です。素材は紙で出来ていますが、縦に使用して棚の中に入れることで棚板平面が通常のフラッシュ構造体よりも強くなります。棚板の軽さをそのままに棚板の表面強度が強くなるので少々重量のある物を棚にのせても大丈夫です。杉田木工所…



↓棚板の断面です。


2019年06月26日の記事に書きました、「吊戸棚」と現在同時製作進行中であります。

洗面化粧台横 収納も今一生懸命に化粧板を貼っておりますので、次回以降にまた、進捗状況を紹介したいと思います。

次回、現場施工に行く予定ですので、現場の施工事例をお見せするか、「吊戸棚と洗面化粧台横 収納」の進捗状況かのどちらかを紹介したいと思います。

↓詳細図面を見たい方は、こちらをクリックしてください。
%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%A7%98%E4%BD%8F%E5%AE%85%E6%94%B9%E9%80%A0%E5%B7%A5%E4%BA%8B_%E6%B4%97%E9%9D%A2%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%8F%B0%E6%A8%AA_%E5%8F%AF%E5%8B%95%E6%A3%9A_Boo-log%E7%94%A8_%E5%9B%B3%E9%9D%A2.pdf (PDF: 221.81KB)



  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2019年06月26日 19:43  カテゴリ:製作事例

現在、製作中の吊戸棚です。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。


昨日から製作しております、吊戸棚です。

既設の収納が右にありまして、その左隣の天井近くの吊戸棚です。吊戸棚の下は、冷蔵庫があります。
現場施工後の写真が撮れれば、また記事にしてお見せしたいと思います。





本体がほぼ完成であります。
後から空いたスペースに取り付けるので、本体の左側全体の2/3と右側1/3で別々に離れるようになっております。取り付けるときに離して取り付けることになるかもしれません。なかなか説明が難しいのですが、正面から奥にまっすぐに取り付けないと壁にくっ付かないのです。なので、家具の間口のサイズ(この家具の数字で言うと1,420㍉という数字)より数ミリ小さくして壁に取り付けます。
文章で説明するのが、ちょっと難しいですかね。ご理解いただけると良いのですが。

お見せしている写真は右左一体になっている写真です。

ありがたいことに、他のお仕事の段取りも同時進行形で電話したり、メールを送信したりと忙しく過ごしております。

今後は、棚板と扉を製作して、本体に取り付けたいと思っております。

次回、扉を取り付けた吊戸棚か、もう1台製作している扉の無い収納の製作途中のどちらかを紹介したいと思います。


↓図面を見たい方は、こちらをクリックくだされば、大きくなります。
%E7%BE%BD%E4%BD%90%E7%94%B0%E6%A7%98%E4%BD%8F%E5%AE%85%E6%96%B0%E7%AF%89%E5%B7%A5%E4%BA%8B_z%E5%90%8A%E6%88%B8%E6%A3%9A_Boo-log%E7%94%A8.pdf (PDF: 180.5KB)
  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2019年06月25日 20:12  カテゴリ:化粧板

アイカ工業さんの化粧板・新作のご紹介です。その③

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。


3回にわたって、新作の化粧板を見ていただきました。

最近のアイカ工業さんの化粧板を注文するにあたって、注意点をお伝えしておこうと思います。

5年か6年ほどまえになるかと思いますが、アイカ工業さんの化粧板の商品ラインナップに大幅な変更がありまして、化粧板の数がその時から減っております。その分、カタログの化粧板の1枚あたりの見本サイズの大きさも大きくなっておりまして、見易くはなっていると思います。

それと、新作が発表されますと、同柄で、

1.1,800㍉×900㍉×0,95㍉のメラミン化粧板(通称 3×6サイズ)
2.2,400㍉×1,200㍉×0,95㍉のメラミン化粧板(通称 4×8サイズ)
3.1,800㍉×900㍉×2,5㍉の化粧板(通称 3×6サイズ)

このぐらいの商材は同じタイミングで発表されてました。5年ぐらい前までは。

最近は、

2.2,400㍉×1,200㍉×0,95㍉のメラミン化粧板(通称 4×8サイズ)

これしかない化粧板が多いです。

だから、オーダー家具・オーダーメイド家具・店舗用什器を、4×8サイズしかない化粧板で注文されますと、どうしても高価になります。
棚板や扉を製作するのにも、

1.1,800㍉×900㍉×0,95㍉のメラミン化粧板(通称 3×6サイズ)
2.2,400㍉×1,200㍉×0,95㍉のメラミン化粧板(通称 4×8サイズ)
3.1,800㍉×900㍉×2,5㍉の化粧板(通称 3×6サイズ)

このぐらい同じ柄で用意されている化粧板より手間もかかります。

2.2,400㍉×1,200㍉×0,95㍉のメラミン化粧板(通称 4×8サイズ)

これしかない化粧板も柄によっては、2,5ミリ厚みの化粧板を用意してある柄もあるのですが、表面強度が棚板に使用するには不足している化粧板なのだそうです。だから、収納家具とかを製作する場合にやはり、4×8サイズのメラミン化粧板を使用せざるおえないので、高価になってしまいます。

ご注文される時に、同じ説明はいたしますが、どうかご了承頂きたく存じます。



セルサス ニューサーフェイス
TSN-10201K
ウォールナット/追柾





追柾とは、木目の大きな年輪のような柄の板目と、線を平行にあるいは垂直に横に並べたような柄の柾目を両方1枚の化粧板にバランスよく並べた化粧板です。人工的に製作した化粧板と言って良いと思います。

セルサス ニューサーフェイス
TSY-10199K
ウォールナット/追柾






セルサス ニューサーフェイス
TJN-10200K
ウォールナット/追柾






セルサス ニューリー
TJY-18179K
オーク/プランクト






プランクトとは、木目の自然の風合いを生かした柄です。ちょっと粗い木目をわざと施しております。お好きな方は、とても好んで頂けると思います。

セルサス ニューリー
TJ-10188K
オーク/板目






セルサス ニューリー
TJ-10190K
アッシュ/板目







次回、現在製作中の家具をご紹介しようと思います。







  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2019年06月24日 15:22  カテゴリ:化粧板

アイカ工業さんの化粧板・新作のご紹介です。その②

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。

セルサス プレミアムテクスチャー
CEDAR[シダー/杉]
TSY-15000K
シダー/板目





シダーという名称は、日本のスギ科スギ属 常緑針葉樹というカテゴリーの名称だそうです。
アイカ工業さんの社内での定義らしいので、他の研究機関や建材を製造するメーカーさんでは、また違う名称かもしれません。

あと、ネズコ、ヒノキ科 黒部杉などの常緑針葉樹もこの仲間らしいです。

杉田も勉強になります。

CEDAR[シダー/杉]
TSY-15001K
シダー/板目





CEDAR[シダー/杉]
TS-15002K
シダー/板目






====================================

セルサス プレミアムテクスチャー
ELM[エルム]
TSY-10008K
エルム/板目





[エルム]というのは、ニレという木がありまして、ニレ科ニレ属 広葉樹というカテゴリーの名称だそうです。

セルサス プレミアムテクスチャー
ELM[エルム]
TSY-10009K
エルム/板目





セルサス プレミアムテクスチャー
ELM[エルム]
TSY-10010K
エルム/板目






セルサス プレミアムテクスチャー
ELM[エルム]
TSY-10011K
エルム/板目





どうしても、平面のご紹介しか、出来ませんのでどれも似たものに見えて色合いだけが違うという風にしか見えないと思うのですが、現物を見て頂ければ、最近の化粧板のクオリティの高さ、銘木のような照りと風合いを感じて頂けると思います。

ご興味のある方は、杉田木工所までご連絡ください。現物のメラミン化粧板を手にとって見ていただけます。

今後、この記事で紹介した化粧板を使用して、オーダーメイド家具や店舗用什器を製作しましたら、この記事のページをその時の製作事例といっしょに紹介しますので、

「こんな風に出来るんだ」

と見ていただければと思っております。


次回も化粧板の新作を見て頂きたいと思います。もう少しおつきあいください。

↓しっかり知りたい方はこちらをクリックしてください。
http://www.aica.co.jp/products/new_lineup/index_h5.html#1

  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2019年06月23日 14:57  カテゴリ:思考

2019年6月22日(土曜日)は「夏至」でした。暦の上では夏の到来です。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。


2019年06月22日は「夏至」でした。

アイカ工業さんま新作紹介は、後日にしまして、時節のプログです。
二十四節気の第10。北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長い。南半球では、北半球の夏至の日に最も昼の時間が短くなる。日本における旧暦5月内に発生するのだそうです。

杉田木工所は、太陽光発電所でもありますと、以前のブログにも書きました。
毎年、月別の発電量を記録して、棒グラフ・折れ線グラフにしてみているのですが、今年は、晴れている日が少ないように思います。杉田木工所の2月から4月までの発電量が例年より少ないです。

雨の日は、以前、2019年05月18日の記事で宇連ダムの貯水率の記事を書いたぐらいですから、少ないと思いますが...。
まだ、梅雨の時期ですけど、どうなんでしょうか、雨が例年より少なく思うのは、杉田だけでしょうか。

気が付くと、夕方18:00頃でもまだ明るいです。当たり前ですが、寒くもありません。17:00ぐらいから20:00ぐらいの時間帯に外にいるのが心地よく感じます。

====================================

今年の夏は、暑くなるのでしょうか?
昨年は、とてもとても暑い日が多くて、かきごおり屋さんもかなり繁盛したのではないかと思います。杉田も自宅で使用しているコンエア・コンエアと唱えませんが、エアコンを買い換えました。今年も故障無く秋まで動いていただきたいと切に思います。新品なので、故障はないと思ってますけど。ハズレませんように祈ろう。

我々、建築現場で働いたりする人間は、7月から9月にかけて、半分暑さとの戦いです。暑すぎると、ダラダラしがちですし、集中力も続きません。
ちょっとありがたいと感じるのは、事業所内の作業の日は、太陽光発電パネルと事業所の屋根が2重構造の屋根になって間に空気の層が出来上がり、この構造で断熱効果がほんの少しですが、生まれている気がします。僅かですが、事業所内の温度が外に比べて下がっていると思います。

冷夏もそれはそれで、困る人が出てきます。暑すぎると熱中症などの報道が毎日のように放送されます。
どうなるのでしょうか、今年の日本の夏は。

杉田、個人的にはちょっとだけ涼しい夏希望であります。

次回、アイカ工業さんの新作化粧板を紹介したいと思います。



  
タグ :夏至


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2019年06月22日 16:03  カテゴリ:化粧板

アイカ工業さんの化粧板・新作のご紹介です。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。


2019年05月15日の記事にも書きましたが、イタリアのミラノで毎年開催されます「ミラノ・サローネ」という家具の見本市があるのですが、アイカ工業さんは、毎年何人かのスタッフを現地に派遣して、そのレポートを「ミラノ・サローネ報告会」というセミナーで取引先の会社さんに今年の家具のトレンドを紹介してくれます。

残念ながら、杉田は今年本業が忙しく参加出来ませんでした。
それに合わせて、毎年アイカ工業さんから、発売される新作のお披露目の場所でもありまして、それも見て来れませんでしたので、せめてと思い、新しいカタログを取り寄せましたので、新作の化粧板を紹介します。

セルサス プレミアムテクスチャー



「メラミン化粧板の最高傑作」

このような触れ込みの時にいつも思うのですが、こんな事書いちゃって次の新作は、何傑作?と、思うのは杉田だけでしょうか。

TS-10206K
ウォールナット/板目



TSY-10202K
ウォールナット/板目




TSY-10203K
ウォールナット/板目




TSY-10204K
ウォールナット/板目




TS-10205K
ウォールナット/板目



以前にも書いたと思うのですが、ここ10年ほど、ウォールナットという名前の木材がずっと人気がありまして、化粧板にもそのトレンドの波が取り込まれております。
胡桃の木でして、木目がとても美しく、お好きな方が多いです。自動車の内装にも使用されたことがあると思います。

====================================

どうしても、平面のご紹介しか、出来ませんのでどれも似たものに見えて色合いだけが違うという風にしか見えないと思うのですが、現物を見て頂ければ、最近の化粧板のクオリティの高さ、銘木のような照りと風合いを感じて頂けると思います。

ご興味のある方は、杉田木工所までご連絡ください。現物のメラミン化粧板を手にとって見ていただけます。

少し長くなりましたので、次回も化粧板の新作を見て頂きたいと思います。

↓しっかり知りたい方はこちらをクリックしてください。
http://www.aica.co.jp/products/new_lineup/index_h5.html#1



  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)

2019年06月21日 15:53  カテゴリ:思考カテゴリ:地域情報

廃プラスティックは今後焼却するのでしょうか。岡崎市の場合は。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。


令和元年6月21日・金曜日の朝、JR岡崎駅で6月議会終了後の岡崎市議会議員の小田たかゆき先生と少しお話をしました。

新聞記事は、工場や事業所から排出された廃プラスティックの輸出先だった中国が2017年末に受け入れを禁じて50万トンの廃プラスティックが輸出出来なくなり、環境省が全国の自治体に所有している焼却施設で自分のところで出た廃プラスティックを焼却処分するように通達を出しました。そんな中、、静岡県浜松市では、2ヶ所の清掃工場を所有しているのですが、産業廃棄物の受け入れは想定しておらず、家庭から出るごみの処理だけなら現状のままで問題は無いのですが、今後産業廃棄物を受け入れるといろいろ問題が出てくるのではないかと言う記事であります。

そこで、小田たかゆき先生に岡崎市の環境省の通達内容の取り組み具合や今後岡崎市としては廃プラスティックの焼却を実施するのか、聞いてみました。

小田先生のお答えは、今のところ「静観」しているのだそうです。

まず、岡崎市議会では、たまに話題として出るだけで、条例の要望までの話は無いそうです。岡崎市民の皆さんはもう廃プラスティックの分別処理も、慣れてしまい、何も不満に思う事が無いのでしょうね。
あと、岡崎市民の皆さんが出す廃プラスティックの量が岡崎市クリーンセンターの処理能力を超えていないとか、喫緊の問題ではないのでしょうね。

東京都や大阪府の廃プラスティックは、かなり前から焼却処分をしているそうです。それと東京都や大阪府の焼却施設の炉の性能がかなり素晴らしいらしく、かなりの高温で廃プラスティックを焼却すると、ダイオキシンなどの人体に悪影響のある物質は出てこなくなるのだそうです。これは、杉田は初めて聞きました。驚きました。

あとびっくりしたのが、岡崎市はステーション型と呼ばれるとある場所をゴミ捨て場にして、近隣の住民の人たちがそのステーションまで自分で持ち運ぶやり方ですが、大阪府は、自宅の玄関先にゴミを出しておくと業者の人たちがゴミを持って行ってくれるそうです。ステーションは無いそうです。杉田は知りませんでした。全国的にもステーション型を採用している自治体が多いは多いそうですが。

ヨーロッパは、自宅からゴミとして出る時点で、ごちゃごちゃにゴミが混ざっているそうで、ゴミの分別は業者側で行っているそうです。
サッカーのワールドカップの観覧席で、試合終了後、日本人の観客がゴミをみんなで拾っているところがクローズアップされて、日本人のモラルは素晴らしいと評価をされているニュースを見たことがあるのですが、ゴミに対する意識の違いは、そんなところからきているのかも知れません。

杉田は、100㌫のプラスティックリサイクルを支持したいと思っています。今後の廃プラスティックの動向に注目していきたいと思います。

次回、アイカ工業メラミン化粧板の新作を紹介したいと思います。
====================================
↓岡崎市議会議員 小田たかゆき先生のホームページです。良かったらクリックしてください。
http://www.odatakayuki.com/


  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)