岡崎市の家具職人 杉田木工所|ニッチな場所にも収納製作 オーダーメイドや家具のリメイクもお任せください


2020年11月16日 21:05  カテゴリ:製作事例

この季節に頼まれます。テーブル脚を短くして欲しいとのご依頼。製作事例。素人さんでは難しい丸棒径が上下で30㍉違うタイプ。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。






     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


↓最初に持つこまれた時の長さです。650㍉ありました。

材質は、ナラやオークと呼ばれる木の集成材です。



先日、杉田木工所のBoo-logをご覧なって

ご連絡くださったお客様の製作事例です。

現在、お使いの座卓テーブルの脚を

335㍉ほど切って欲しいとのご依頼でした。

↓脚始まり。テーブル付きのところで80㍉径あります。


↓脚の終わり。床面に付くところの断面です。

鬼目ナットと呼ばれる高さ調整金具の座金が埋め込まれています。




↓315㍉の長さに加工しまして、切面に塗装をほどこしているところです。




↓最初短縮加工してもらえば、アジャスターは不要です。とお客様はおっしゃっておられたのですが

杉田木工所で脚を、お預かりさせていただき、一旦帰宅されたのですが

ご自宅からやっぱりアジャスターを取り付けて欲しいとのことで

加工後にアジャスターを取り付けました。



↓真ん中に丸く穴をあけるのに苦心しましたが

なんとか、アジャスターが取り付きました。


「鬼目ナット」と呼ばれるアジャスターの座金が

あまり、強度が無いことをお伝えしました。

アジャスターが格納されているときは

完全に埋まっているので少し使い勝手が良くないですが

くるくる回して出て来るようにすれば

特に問題はなく、アジャスターのネジ部分が

素地で見えるほど出してテーブルに取り付けたまま

引きずったりしますと、アジャスターが取れてしまうので

そこだけは、気を付けてください。とお伝えしました。

====================================

脚径が上と下では30㍉違います。

なかなか一般DIYのお得意な方が

手の、のこぎりで切っても難しいと思います。



毎年、少し寒くなってきますと

何人かのお客様から、テーブル脚の加工

のご相談を受けます。

季節需要というものなのでしょうか。



ご自宅のテーブルやこたつの脚の長さに

ついて困っていることがありましたら

杉田木工所をたずねてみてください。

「おかざきし」・「テーブル脚」あるいは「こたつの脚」

で検索してみてください。

ご相談、お待ちしております。

【参考価格】 ¥15,000.-~¥25,000.-(消費税別途)
※2019年10月1日から、消費税が10㌫になります。キャッシュレス決済をご利用することをお勧めします。
※テーブル脚の状態や、再塗装の面積・塗装方法によっても価格が変動します。
※今回のご依頼は、参考価格の低い方でまとめてます。
※所見費も込みになっております。ご連絡のご依頼後、(出来る・出来ない)の判断をさせて頂きたいので、現地(住宅の場合は住所・店舗や公共施設の場合は所在地)までの経費(燃料費等)を加算させて頂きます。遠方の方、ご理解賜りたいです。
※詳細につきましては、杉田木工所の電話・FAX・メールまで、ご連絡ください。お答えします。



【みなさまからのこえのまどぐち】
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279

[email protected]












  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)