岡崎市の家具職人 杉田木工所|ニッチな場所にも収納製作 オーダーメイドや家具のリメイクもお任せください


2022年09月01日 22:17  カテゴリ:思考

杉田木工所も気になっておりました京都の完全キャッシュレス店 開業から1年。判断が難しいと感じる記事でした。

毎度、岡崎市上和田町で家具のリメイク・オーダーメイド家具の製作をする家具職人の杉田です。








     ↑杉田木工所LINE公式アカウント
     こちらから、お問い合わせが出来ます。
     お気軽に"LINE"してください。


※Yahoo!ニュースの記事からです。

代金の支払いはクレジットカードや電子マネーに限り、

現金はお断りの「完全キャッシュレス」。

そんな珍しいスタイルの店が1年余り前、

京都市左京区にオープンしたことから、

記事で取り上げた。

コロナ禍での非接触の流れやキャッシュレスの

浸透を見据えた試みだったが、その後、

利用客の間に定着したのだろうか。

気になって店を再訪した。


この店は昨年6月に開店した

「PIZZA(ピッツァ)百万遍」。

本場さながらにまき窯で焼き上げる、

ナポリピザのテークアウト専門店だ。

経営する中野剣司社長(30)は当時、

完全キャッシュレスに踏み切った理由を


「コロナ禍で非接触の流れが進み、

  今後さらに加速するキャッシュレスの波に乗るため」

 と語っていた。

支払いはクレジットカードのほか、

JR西日本の「ICOCA(イコカ)」など

交通系ICカードや、

「PayPay(ペイペイ)」をはじめとする

QRコード決済など約30種類に対応。

店員が現金を扱わないことによって、

レジ作業の負担軽減や労働時間の短縮なども

メリットに挙げていた。

その後の状況はどうなったのだろうか。

中野さんに尋ねると、少し言いづらそうに

「実は…」と切り出し、

「完全キャッシュレスは諦めて、

現金での支払いも受け付けるようになった」と、

思わぬ答えが返ってきた。


当初から懸念していたように、

未成年や高齢者を中心に

現金払いを希望する客が多かったことが大きいという。

店は京都大吉田キャンパス前にあり

学生もよく利用するが、下級生だと

クレジットカードを持っていないケースも

たびたびあった。

キャッシュレス決済を経験して便利さを

実感する人がいたり、

店側もオンラインのポイントサービスで

お得感のPRに努めたりした。

だが、中野さんは

「実際に『えっ、現金が使えないの?』と驚かれ、

購入できない人を目の当たりにするとつらかったし、

想像していたより多かった」。


より間口を広げるために今年から併用とし、

現在ではキャッシュレスと現金の割合は半々ほど。

子どものお使いなど、

「現金が使えるようになって良かった」

といった喜びの声も寄せられているという。

また、先月には近くにある本店で、

インターネット回線がつながらない不具合が発生。

キャッシュレス決済ができなくなり、

現金のみで急きょ対応した。

地震など非常時の備えとしても

現金の必要性を痛感したという。ただ、

今でも完全キャッシュレスが続いていると勘違いする客がいるため、

「現金併用を必死でPRしているところ」と苦笑する。

かつて店頭に表示されていた

「現金のお取り扱いはございません」の文言も

すっかり消えていた。





====================================

杉田木工所もピッツァ屋店主さんに同情出来る

思いであります。

こちらのピザさんがはじまった時に

家具屋 杉田も注目しておりました。

京都という愛知県から離れた場所ですので

どうなっているのか、食べに行くのも少し距離があり

なんとなくの程度で、あの完全キャッシュレスを

掲げて、ピッツァ屋さんをはじめられたあのお店は

どうなっているのだろうかと、気になってはおりました。


家具屋 杉田が思っていた状態とは違っておりました。

今でも、完全キャッシュレスのまま、営業されていると

思っておりました。

難しいですねぇ。商機か、どうかを見測る

タイミング。店主さんは、もっとキャッシュレスが

広がると思ったのでしょう。

現金が使えなない事で帰ってしまうお客様の

予想以上の多さ。残念でしたね。

こんな結果でしたか。キャッシュレス決済を

推進している杉田木工所としましても残念です。


しかし、どうでしょうか、今年の11月より

我ら、岡崎市のフラッグシップ金融機関

「岡崎信用金庫」さんも

2022年11月から、ATMでの硬貨取扱を廃止されます。

他の信金さんもおられますので、すぐに小銭がないと

困るので、岡信さん以外の信金の窓口に駆け込んでも

大丈夫そうなしばらくですけど。

他の信金も岡信さんに追従されるでしょうし、

小銭は、お札よりも

キャッシュレス決済に飲み込まれるのが

早いように思いますし

100円や10円の製造量も来年は、

今年の半分ぐらいになります。

京都のピッツァ屋さんでも、あと3年ほどで

また、完全キャッシュレス決済でお店が出来るように

思いますけどねぇ。

行政機関が、金融機関が日本政府指導の下

キャッシュレス決済を推進している過渡期で

ここに、医療機関がもっと積極的に入って頂ければ

もっと進むと思います。

京都という土地柄もあったかもしれませんし

完全キャッシュレスを続けられなかったのは

いろいろと要因があるからだと思います。


時代はすぐ目の前に来ております。

杉田木工所も、現金支払のお客様用に

お釣りを常に用意しておりますが

あと数年で、お釣りを用意する事も

要らなくなる社会になっているといいなぁと

思っております。

また、岡崎市の中でも、完全キャッシュレスの

お店や事業所はそのうちに現れるでしょうし

勢いが付けば、どんどん完全キャッシュレスのお店が

拡大すると思います。

今回は、京都の完全キャッシュレスのピッツァ屋さんが

現金も扱うようになっていた。というネット記事に

関する家具屋 杉田の見解を述べてみました。



【みなさまからのこえのまどぐち】友だち追加
みなさまからの木・家具・収納・カウンター等のご相談を承っております。
お電話をする事に、お気持ち的に躊躇い(とまどい)のプレーキが、掛かってしまう方は、メールやファックスでも良いですよ。
杉田木工所のLINEとメールとファックスは365日24時間営業をしております。
杉田木工所Boo-logへの意見・苦情等でも構いません。
お問い合わせ内容をお手紙にしたためていただいて、送ってください。

【杉田木工所】 
電話 0564-52-3279
※☏お電話でのお問い合わせは
  月曜日~土曜日 8:00~18:00とさせて頂いてます。
FAX 0564-52-3307
メール  [email protected]
最近はメールでのお問い合わせがほとんどです。
メールは24時間営業で受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。
LINE公式アカウントからも24時間営業でお問い合わせお待ちしております。
ID:@803myxbb

電話 0564-52-3279


↓このQRコードを読み取っていただき無料で通話可能です。
"LINEコール"


[email protected]










  


Posted by 家具職人 杉田 │コメント(0)